クラスメソッド > 事例 > AWS > イオンイーハート データ分析基盤の構築

イオンイーハート データ分析基盤の構築

株式会社イオンイーハート様

    ご利用サービス:
  • AWS
  • ビッグデータ
  • オムニチャネル

株式会社イオンイーハートについて

株式会社イオンイーハートは、「お客さま本位」と「品質本位」を スローガンとして、イオングループのサービス事業の一つである 飲食業を展開しています。

「四六時中」ブランドとして、懐かしくて新しい“日本人の和食”を提供する「おひつごはん四六時中」、多彩な和食をお手軽に楽しめる「和ダイニング四六時中」、贅沢に選べる和・洋・中の味「れすとらん四六時中」、手作りピッツアの食感がバツグンな「ナポリピッツア四六時中」を展開。その他フードコート事業として多彩なメニューを提供しています。

データ分析基盤の構築

この度、クラスメソッドが提供する顧客理解のためのビッグデータ分析基盤「カスタマーストーリー」を導入しました。

イオンイーハートでは、各飲食店舗におけるPOSなどの販売データや客数・客単価、スタッフ稼働などを分析/予測するためのデータ分析基盤の構築が必要でした。以前はデータ取得において他部門との調整が必要となりデータへのアクセスに数週間を要していましたが、マーケ部門主導でデータの管理をおこなうことにより即座にデータを活用することが可能となりました。

カスタマーストーリーは、企業に存在する様々なデータを集約し、様々な角度から顧客理解を深める、ビックデータ分析基盤を構築し運用支援するサービスです。特徴として、テンプレートを用いて、データの収集・蓄積・分析の一連の流れを短期間で構築し、すぐに分析を始めることができます。

データウェアハウスとしてAmazon Redshiftを、データウェアハウスにデータをロードするためのETLツールとしてASTERIA WARPを、データ分析のためのBIツールとしてTableau Desktopを使用しています。クラスメソッドは本データ分析基盤の活用について継続的に支援しております。

導入イメージ図

関連する事例