クラスメソッド > 事例 > ビッグデータ分析基盤構築 > バーミヤンアプリとマネージドプラットフォームの開発

 

 

バーミヤンアプリとマネージドプラットフォームの開発

はじめに

株式会社すかいらーく様とクラスメソッド株式会社は、すかいらーく様が運営する中華レストラン「バーミヤン」の公式アプリ(iOS / Android)を開発しました。 バーミヤンは、日本に341店舗(2015年10月31日現在)あるのでご存知の方も多いと思います。

バーミヤンアプリの概要

会員登録なしで、バーミヤンのお得なクーポンや店舗検索・フェア情報などを無料でお楽しみいただけるアプリです。
このアプリには次のような機能があります。
クーポン
アプリ限定のお得なクーポンがいつでも使えます。
店舗検索
GPS機能を利用してお近くのバーミヤンを探し、地図に表示します。地図アプリと連携し、お近くのバーミヤン店舗とルートの確認が可能です。
メニュー
主菜、麺類など、カテゴリ毎にバーミヤンのメニューをご覧いただけます。カロリー、塩分に加えアレルゲン情報も表示しておりますので、安心してご来店いただけます。
バーミヤンからのお知らせ
バーミヤンアプリからお得な情報をプッシュ通知等にて配信します。キャンペーン情報やお得なクーポン情報など盛りだくさん!プッシュ通知受取の設定も可能ですので、ご利用いただきやすいサービスです。
このほか、様々なサービスを順次公開予定です。

アプリの仕組み

クラウドネイティブなプラットフォーム
バーミヤンアプリのテーマは「スケーラブル」。アプリの利用ユーザーが数百万人以上に増えても安定してサービスが稼働するアーキテクチャを目指しました。
コンテンツ配信、ユーザーの認可、プッシュ通知、ユーザーデータストレージなどといったモバイルアプリには欠かせない機能を、最新のAWSのマネージドサービスを組み合わせて構築いたしました。

Redshiftを利用したユーザーデータの分析

バーミヤンアプリのユーザーのエンゲージメントを高める目的で、ユーザーデータにAmazon Mobile Analyticsを利用しています。データはAmazon Redshiftにエクスポートし、Tableauを利用して「ユーザーがどのような使い方をしているか?」「どのようなユーザー層が多いか?」といった分析を行っています。
今後は機械学習を導入し、ユーザーに価値のあるコンテンツが提供できるような基盤を構築していく予定です。
使いやすさにこだわった管理画面
業務を変えて効率化できる部分、様々な背景から変えられない部分をヒアリングし、画面を実際に触って頂きながらディスカッションして、より使いやすい管理画面を目指しました。
ユーザー体験を高めたデザイン
バーミヤンのブランドイメージを表現しつつ、ユーザーが迷わないでストレスなく目的が達成できるような利用体験を追求しました。飲食のプロであるすかいらーく様と、アプリ開発のプロである弊社の知見を持ち寄って、UIとパフォーマンスの両面からユーザー体験をデザインしました。
見通しのよい開発プロセス
アジャイル開発を採用しています。良いことも悪いことも、可能な限り情報をお客様と共有することで開発チームとお客様との透明性を確保し1つのチームとして進めました。また、外部/内部状況によって変化し続ける要求を優先順位付けして、両社納得して開発を進める事ができました。

結び

今後もすかいらーく様と協力し、バーミヤンをご利用されるユーザーにとってより良い価値を、アプリを通して提供していく予定です。

関連する事例

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • BIGDATA

  • MOBILEAPPS

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL