クラスメソッド > 採用情報 > 小林 里保(こばやし りほ)

互いを尊重し、立場に関係なくスペシャリストとして対等に
意見交換できる会社

  • 事業開発部
  • 小林 里保(こばやし りほ)
  • エリア:岩本町
  • 職種:デジタルマーケティングコンサルタント

ピンチも円滑なコミュニケーションで乗り越える、
スピードとフットワークの軽さが印象的

事業開発部は新規事業が多いため、「まずトライしてみて、ノウハウを貯め、形にしていく」というスタイルです。その中で私はお客様アプリの運用担当として、カスタマーサポートとコンテンツ制作を行っています。運用業務はアプリのキャンペーン企画や運用改善提案、フォローなど、他部署に比べ業務範囲が多岐にわたります。 以前は事業会社に勤めていたので、クラスメソッド入社時はカルチャーショックが多々ありました。一番驚いたのはチャット文化で、最初は「静かだな」と思っていましたが、実はみんなチャットで気さくに会話していたんです。今となってはその方が効率は良く、コミュニケーションの量もむしろ多いと感じています。私の席があるモバイルサービス部のフロアには卓球台があるので、試合に白熱した声もたまに聞こえます。また、仕事でピンチの時には各指示系統の人がさっと集まってすぐに議論して物事が決まります。そんなスピードとフットワークの軽さも印象的でした。立場関係なく、それぞれがスペシャリストとして意見を言い合うので、私のようにエンジニア以外の人間でも対等に意見を言えて意思決定ができます。

クラスメソッド社員の仕事風景

異業種からの転職でも、ITと非IT人材でイノベーションが生まれる環境

全くの異業種から転職した当初は不安でしたが、入社時に「それぞれが専門性を発揮しIT×非IT人材のイノベーションを生みたい」と言っていただき、自分が入社することでサービスに付加価値を提供できれば良いと考えるようになりました。今になって考えると、私は職種や立場が違う人と一緒に仕事をするのが好きなので、そこがマッチしていたんだなと思います。
事業開発部はエンジニアやデザイナーと一緒に仕事をすることが多いので、自分とは異なる考え方や立場を尊重できることが大事だと思います。得意分野がはっきりしていて人の意見を聞ける人が向いているのではないでしょうか? クラスメソッドにはトガッた人がたくさんいるので、良い刺激を受けながら仕事ができると思います。

クラスメソッド社員のプライベート

現代アート、海、おいしいごはん。
瀬戸内めぐりが大好きです。

現代アートが好きで、年に2回は香川の島に行きます。好きなアーティストはジェームズ・タレル、大竹伸朗、柳幸典さんです。アート以外にも、瀬戸内は海が穏やかでごはんもおいしいので、すっかり中毒になってしまいました。トイカメラを持って瀬戸内の島を回るのが好きなので、前回行った時のベストショットを。もふもふのノラネコです!

共に成長できる仲間を探しています

現在募集している職種の一覧はこちらです。
当社にご興味を持った方やご入社を検討されている方に向けた説明会も随時行っています。