クラスメソッド > 採用情報 > 大栗 宗(おおぐり はじめ)

お客様に対して受け身にならず、技術に誠実であることがエンジニアとして重要

  • AWS事業部
  • 大栗 宗(おおぐり はじめ)
  • エリア:岩本町
  • 職種:ソリューションアーキテクト

AWS関連情報を発信するのも、重要な業務の1つ

AWSインフラの構築に関するコンサルティングや、構築作業を中心とした業務に従事しています。具体的には、お客様が実現したい事業に対してのシステムインフラに関する提案を行っています。基本的には、AWSのシステムインフラを対象領域としますが、アプリケーションの実装についてもアドバイスをさせていただくこともあります。最近では、部内の生産性向上のためのルール作りや、テンプレートの整備などの業務に軸足を移しています。また、もっとも重要な業務として、AWSに関連する情報発信を日夜Developers.IOで行っています。

クラスメソッド社員の仕事風景

「AWSを突き詰めるのであればクラスメソッド」を実感

前職でもAWSをメインとしたシステムのインフラ構築をメインとしていたのですが、大企業だったため速度感が合わずにいました。また、エンジニアからマネージャへの転換を求められていましたが、エンジニアとしてのキャリアを積みたいと考え、AWS業務に特化した会社への転職を決意しました。
その転職活動中に、知人から「AWSを突き詰めるのであればクラスメソッドを受けるべきだ」とアドバイスをもらいました。在籍しているエンジニアと話してみたら、フィーリングが合うというインスピレーションがあり入社を決意しました。クラスメソッド、特にAWSコンサルティング部の強みは、1人1人が強いというところ。1人でお客様のところへ乗り込んで問題を解決してくると言った感じでしょうか。
入社して驚いたことは、距離が離れていても近くでもチャットでのコミュニケーションを多用することにカルチャーショックを感じました。前職の場合は、会議→メール→会議→メール→時々リモート会議、といった感じだったためです。クラスメソッドは、距離を意識せず、チャットでコミュニケーションを取ることが普通なので、リモートワークをしていても、出社しているのと変わらず違和感がないというもの面白いところです。仕事は一緒にしていても年に数回しか会わない同僚もいるくらいです。
入社を希望されている方に伝えたいことは、お客様に対して受け身にならず、自分から価値を届けることができるというのが重要だということです。そして技術に対して誠実であること。誠実というのは、自分の知らないことを誤魔化さずに自分でキャッチアップしようと努力することだと考えています。

クラスメソッド社員のプライベート

健康にはよくないかも…
でも私の精神衛生にはいい趣味です

私の趣味は『ウィスキー、シガー、パイプ』なのですが、最近は珍しいクラフトビールやクラフトシードルに浮気をしており、珍しいものを見つけては味を確かめています。体に悪いこと、この上ないです(笑)。

共に成長できる仲間を探しています

現在募集している職種の一覧はこちらです。
当社にご興味を持った方やご入社を検討されている方に向けた説明会も随時行っています。