ジョブ運用の自動化「opswitch」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

opswitch(オプスウィッチ)は、お使いのAWSアカウントと連携させるだけで、AWSでのジョブ実行を誰でも簡単にスケジューリングできます。

opswitchで出来ること

  • opswitchで出来ること1
    EC2RDS

    インスタンスをスイッチで起動・停止

  • opswitchで出来ること2
    EC2EBSRDS

    もしもの時のためのバックアップ作成

  • opswitchで出来ること3
    EC2EBS

    リージョン間コピーで災害対策も

  • opswitchで出来ること4
    EC2RDS

    うっかりを防ぐリソースの止め忘れチェック

AWS運用をかんたんに自動化

  • お使いのAWSアカウントと連携

    すぐに始められます

    お使いのAWSアカウントと連携させるだけで、サイトから簡単に設定できます。ジョブ実行のための面倒なスクリプトは必要ありません。

  • 複数のAWSアカウントを統合的に管理

    複数のAWSアカウントを統合的に管理可能です

    ご利用中のすべてのAWSアカウントを連携して、社内の複数プロジェクトで横断的にジョブを設定できます。

こんなお悩みを解決します!

  • お悩み1

    複数のAWSアカウントでたくさんのEC2インスタンスを運用しているが、個別にバックアップの設定をしていて運用が大変。

  • お悩み2

    インスタンスの止め忘れが無いか心配。自動的にチェックして無駄なコストを削減したい。

  • お悩み3

    バックアップの世代管理や、正常終了の判定、リトライ処理などをやりたいが、開発スキルが必要で手がつけられない。

opswitchのサービス仕様

インスタンスの起動・停止 Amazon EC2 / Amazon RDS
バックアップの取得 Amazon EC2 / Amazon EBS / Amazon RDS
バックアップのリージョン間コピー Amazon EC2 / Amazon EBS / Amazon RDS ※1
インスタンスタイプの変更 Amazon EC2
インスタンスの削除 Amazon RDS ※1
バックアップからの復元 Amazon RDS ※1
チェック リソースの止め忘れチェック / セキュリティチェック ※2
  • ※1 サポートされているDBエンジンはMySQLとPostgreSQL、MariaDB、Oracle、SQL Serverになります。
       Amazon Aurora MySQLとAmazon Aurora PostgreSQLはサポートされておりません。
  • ※2 insightwatchのセキュリティチェックを定期実行する機能です。insightwatchは無料でお使いいただけます。

ジョブ機能

  • 実行スケジュール

    実行スケジュールは月次、週次、日次、1回だけ実行、都度実行から選べます。用途に応じて柔軟に設定できます。

  • 複数のタスク

    EC2バックアップとEBSスナップショット、RDSのDBスナップショット作成、DBインスタンス削除、DBスナップショットからの復元等を組み合わせて実行できます。

  • 難しい設定は不要

    実行対象のリソースはタグで指定できます。さらに、ジョブの実行履歴や、処理時間、詳細なログも見られます。実行結果をメールで受け取ることもできます。

お問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。

AWSのお悩みは
クラスメソッドにご相談ください

  • すべてのサービスや企業情報をまとめた一冊

  • 導入前の不明点はなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら。
大小問わず不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 (平日9:30~18:30)

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領