クラスメソッド > 採用情報 > 大矢 彰久(おおや あきひさ)

「エンジニアが活き活きと働ける」を目標に掲げる、スピード感のある会社

  • 事業開発部
  • 大矢 彰久(おおや あきひさ)
  • エリア:秋葉原
  • 職種:プロジェクトマネージャー

コミュニケーションのハブとなってチームを支えています

製品開発チームのメンバーとして、現在は子会社・プリズマティクスが提供しているAPIプラットフォーム「prismatix」のプロジェクトリーダーとして、スケジュールやリソースの管理を行っています。また、お客様企業との橋渡し役として、定期的にミーティングなどを通じて導入支援サポートにも携わっています。
事業開発部は人数が多く、それぞれ様々な場所で仕事をしています。そんな中でGitなどのツールを駆使して円滑なコミュニケーションのハブとなり、チームのスピード感を支えていければと考えています。

クラスメソッド社員の仕事風景

個々の能力だけに頼らず、密な情報連携で
より効率的で精度の高い仕事を実現

前職では、AWSを使ったプロジェクトに参画していたのですが、実際に使っていく中でAWSに将来性を感じ、そのAWSに関してDevelopers.IOで圧倒的な量の情報発信をしているクラスメソッドに興味を持ちました。そうした中、横田社長から会社の方針や価値観をうかがえる機会があり、そこで聞いた「エンジニアが活き活きと働く会社を作りたい」という考え方に共感し、採用への応募を決めました。
入社して感じたことは、仕事のスピードが速いこと。「優秀な人は仕事が速い」という個人の能力の話でもありますが、Chatwork(チャット)、Hangouts(ビデオ会議)、Backlog(課題管理等)などのツールを活用して効率的に仕事をしている、という点も、スピード感につながっていると思います。
クラスメソッドには、自立している人、一人でどんどん仕事を進められる人、プロジェクトの課題を自ら見つけてその解決策をお客様やチームメンバーに提案するところまでできる人が向いていると思います。また、新しい技術はどんどん出てきますが、その時点では知らなくても自分で調べて仕事を進めていける人が良いと思います。

クラスメソッド社員のプライベート

心も満たされるゴルフに夢中。
試行錯誤も楽しいです。

4年ほど前から始めたゴルフにどっぷりはまっています。広いゴルフ場に白球が飛んでいく…それを眺めているだけで心が満たされます。ゴルフのスコアを改善するにはドライバーショットからパターまで、あらゆるスキルを上げていく必要がありますが、その試行錯誤のプロセスも楽しいんです。ゴルフはデータのスポーツでもあります。平均ストローク数、パーオン率、フェアウェーキープ率、などなど。せっかくデータ分析も行う会社にいるので、自分のゴルフデータの分析もしてみようかな、と考えています。

共に成長できる仲間を探しています

現在募集している職種の一覧はこちらです。
当社にご興味を持った方やご入社を検討されている方に向けた説明会も随時行っています。