プレスリリース 2022年3月15日

クラスメソッド、AI/機械学習向け統合データ分析基盤「Databricks」の販売開始
〜データ分析、AI/機械学習の活用促進にむけてデータブリックス社、メソドロジック社と連携〜

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)は、AI/機械学習に適した統合データ分析プラットフォームを提供するデータブリックス・ジャパン株式会社(以下「データブリックス社」)とのパートナー契約を締結し、2022年03月15日(火)から日本国内における同社製品の販売を開始します。また、クラスメソッドとデータブリックス社、データ分析基盤コンサルティングの株式会社メソドロジック(以下「メソドロジック社」)の3社にて、データ分析基盤の構築支援と、データ分析やAI/機械学習の活用促進を目的とした連携を開始します。

背景

デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みでは、デジタル化されたデータをいかに分析してビジネスに役立てていくかが重要な要素となっています。
しかし、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が「DX白書2022」で発表したアンケート調査結果によると、意思決定のプロセスにデータサイエンティストやAIによる専門的で高度なデータ分析を行えていると回答した日本企業は「まあまあできている」を含めても、わずか13.2%にとどまり、米国企業の78.1%を大きく下回る結果となっています。(*1)
同アンケート調査にて、データ分析の取り組みを進める日本企業が注力している要素としては「全社共通の分析プラットフォームの構築」「各現場ビジネス課題に沿った分析モデルの開発」「従業員の教育」などが挙げられており、データ分析基盤作りとそれを活用できる体制作りが重視されていることがわかります。

連携における3社の役割

このたびの3社の連携では、このデータ分析基盤作りとデータ分析の実施体制作りについて各社の知見を生かして支援してまいります。
データブリックス社は米国Databricks Inc.(以下「Databricks社」)の日本法人であり、同社が提供する統合データ分析プラットフォームである「レイクハウス・プラットフォーム」は「データウェアハウス」と「データレイク」の良いところを併せ持ち、AI/機械学習に親和性が高く、信頼性やセキュリティ、ガバナンスにも優れたサービスです。
アマゾン ウェブ サービス(AWS)について1万5,000アカウント以上への支援実績を持つクラスメソッドは、AWSが運営するAWS MarketplaceのCPPOプログラム(*2)を通じて、Databricks社製品を販売し、あわせてユーザー企業のAWS環境上へデータ分析基盤の構築支援を行います。ユーザー企業にとっては、CPPO経由で導入したSaaS製品の費用はAWS利用料とまとめて月単位で支払うことができるようになるため、支払い手続きを簡便化できる点もメリットとなります。
データモデリングを中心としたデータレイク設計、データフロー設計に実績を持つメソドロジックは、ユーザー企業がDatabricksのプラットフォーム上でさまざまなリソースから得たデータを組み合わせ、ビジネス上の意思決定に活用できる精度の高いデータ分析ができるようデータモデリングやAI/機械学習の導入を支援します。

問い合わせ:https://classmethod.jp/inquiry/
公式サイト:https://databricks.com/jp/

エンドースメント

データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内 賢佑氏のコメント
「AWSは、弊社のクラウド戦略を進める上で非常に重要なものであり、AWSの最上位パートナーであるクラスメソッド様とのパートナーシップの締結は、当社の戦略を更に一歩進めるものであると確信をしております。クラスメソッド様が、当社が提供するレイクハウス・プラットフォームを基盤として、関連するAWSのサービスを統合することにより、日本企業の更なるデータとAIの民主化の実現に協力して取り組んでまいります。」

株式会社メソドロジック 取締役 COO 白石 章 氏のコメント
「このたび、クラスメソッド様との連携の機会をいただきまして、厚く御礼申し上げます。データ分析基盤の構築には、AWSを中心としたクラウドサービスを選定して利用し、データモデルを整理して、データレイクを設計し、最適なデータフローを構築するこが求められます。更に、BIや機械学習まで、幅広い技術ノウハウが必要となります。
クラスメソッド様のAWS構築における強みと、弊社のDatabricksでのデータ分析基盤構築ノウハウを共有し、Databricks社のレイクハウス・プラットフォームにて、お客様のデータ&AIの民主化を推進していければと思っております。」

クラスメソッド株式会社 取締役 佐々木大輔のコメント
「このたび、データブリックス・ジャパン様とパートナーシップ契約を結べたことを大変光栄に思います。同社が提供するレイクハウス・プラットフォームは、企業におけるデータの高性能な統合基盤に加えて機械学習やAIといった高度な分析までもワンストップで利用できるサービスであり、データ活用に取り組もうとするお客様にとって強力な支えになると考えています。
同時に、このプラットフォームの導入・活用支援に豊富な実績を持つメソドロジック様とも連携することで、より一層お客様のAWS環境におけるデータ活用ニーズにお応えしてまいります。」

データブリックス・ジャパン株式会社について

データブリックスは、グローバルで唯一のデータ&AI企業です。データブリックスが提供 するオープン、且つ統合されたレイクハウス・プラットフォームの活用は、Comcast、Condé Nast、Nationwide、そしてH&Mといった5,000以上の世界のリーディング企業に活用されており、データエンジニアリング、機械学習、アナリティクスなどのデータプロジェクトをサポートしています。データブリックスは、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、セールスフォースからなる、クラウドビック4からの投資を受けており、米国サンフランシス コに本社を構え、世界中に営業拠点を有しているグローバル企業です。Apache Spark™、 Delta Lake、MLflowのクリエーターによって創立され、企業のデータチームが抱える、世界 の最も困難な課題を解決するサポートをしています。
また、2021年にガートナー社によって発表されたマジック・クアドラント・レポートの「クラウドデータベース管理システム(DBMS)」および「データサイエンス・機械学習プラットフォーム(DSML)」の両部門において、リーダー企業に指名されています。
その他のデータブリックスの詳細に関しては、Twitter、LinkedIn、Facebookをフォローして ください。

データブリックス・ジャパン株式会社についての詳細:
ホームページ: https://databricks.com/jp/
所在地 :東京都港区六本木1丁目4-5 アークヒルズサウスタワー16階
事業内容:データ&AI向け統合データ分析プラットフォームの提供
代表者:データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内 賢佑

株式会社メソドロジックについて

メソドロジックは、データモデリングとアーキテクチャー設計を軸としたITコンサルティング会社です。
ビジネスの本質を捉え、業務と、システムの構造を可視化するモデリングと、最適な構造に変革するアーキテクチャー設計を実施しております。最先端の技術を活用したITアーキテクトを通じてエンタープライズ向けシステムの構築、継続性のあるシステム運用、改善を支援しております。

名称 :株式会社メソドロジック
代表 :代表取締役社長 大西 俊幸
住所 :東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル
事業内容:データモデリング、アーキテクチャー設計
URL :http://www.methodologic.co.jp

クラスメソッド株式会社について

クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービスをはじめ、データ分析、モバイル、IoT、AI/機械学習等の分野で企業向け技術支援を行っています。AWS支援では2015年から継続して最上位のプレミアコンサルティングパートナーに認定され、2018年と2020年には「AWSコンサルティングパートナー オブ ザ イヤー」を受賞。現在までの支援実績は3,000社15,000アカウント以上となりました。社員による技術情報発信にも注力し、オウンドメディア「DevelopersIO」では3万本以上の記事を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもと、最適な技術を提案してまいります。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、LINE技術支援、AI/機械学習技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「DevelopersIO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ :https://www.facebook.com/classmethod/
公式YouTubeチャンネル : https://www.youtube.com/c/classmethod-yt/

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
*1「DX白書2021」 https://www.ipa.go.jp/files/000093706.pdf
「図表24-16 専門的で高度なデータ分析への取組状況」「図表24-17 専門的で高度なデータ分析のための工夫」
*2 CPPO(Consulting Partner Private Offers)は、AWS MarketplaceでIT製品・サービスベンダー(ISVベンダー、SaaSベンダー)に代わって、クラスメソッドなどのコンサルティングパートナーがSaaSやソフトウェアを販売することができるプログラムです。CPPOを利用することにより、SaaS導入費用・使用料をAWS利用料とまとめて支払うことが可能になったり、コンサルティングパートナーからの導入支援やサポートなどを受けられたりするメリットがあります。

↑

  • AWSプレミアティアサービスパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • ISO/IEC 27701
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領
  • ベストモチベーションカンパニーアワード2021受賞