AWSをマーケティングの“プラットフォーム”として活用

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社

スターバックステクノロジー本部 カスタマーテクノロジー部 部長 荒木理江様

  • AWS
  • ビッグデータ
  • モバイルアプリ
  • クラスメソッドメンバーズ

オンプレミスでは応えきれないファンのニーズ

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社は、エスプレッソを主体とする“シアトル系”スタイルのコーヒーストアチェーンです。2018年3月末現在で国内には1,342店舗を構え、多くのファンがコーヒーを楽しんでいます。

同社では2011年ごろ、利用客向けのサービスを拡充、デジタルマーケティングプラットフォームの実現のため、本格的なITサービスの強化に着手しました。当初はごく一般的な手法として、ITベンダーに依頼して会員管理を中心としたオンプレミスのWebシステムを構築し、情報発信に活用していました。

ところが、ユーザーの期待は想像以上に大きく、短期間で膨大なアクセスを集めるようになりました。SNSの普及やリッチコンテンツへのニーズの高まりなどの影響もあり、プロモーション告知をすると一斉にサイトが参照され、その負荷にインフラが耐えられないほどの反響でした。

もともとスターバックスでは、同社のファンの反応が強いことを理解してはいたものの、それはアプリケーションを提供していたITベンダーすら「尋常じゃない」と言わしめるコンバージョン率だったとのことです。柔軟性・拡張性に乏しいオンプレミスシステムでは、ハードの運用コスト増、ビジネススピードへの対応の遅さ、何より、ユーザーの期待に応えられないという課題が肥大化していきました。

そこで同社は2012年、クラウドサービスの活用を検討しはじめました。自分たちでオーナーシップを持ち、かつスピーディーに自分たちでサービスを運用したいという思いを強く持っており、できるだけ容易に利用できるAmazon Web Services(AWS)を選択しました。もちろん、すでにグローバルで導入実績が多く、オンデマンドで安価に利用できるというのもポイントでした。

しかし、ITベンダーのサポートを受けて、まずはフロントエンドのシステムをAWSへ移行してみたものの、管理の手間が小さくならないという問題に直面しました。IT環境の変化に伴ってユーザーの期待もどんどん変化していく中で、システムには抜本的な改革が必要でした。2011年から蓄積してきたユーザー情報の活用方法を含めて、バックエンドから検討し直すべきだと気づいたのです。

スターバックスでは、すでにビッグデータとなっているユーザーデータベースの活用方法を含めて、AWSの適用範囲を強化したいと考えました。そのためは、単にAWSをよく知る“御用聞き”ではなく、自社のビジネスニーズを理解してくれるベンダーが必要でした。そして、さまざまな観点から調査したり、評判を集めたりした結果、クラスメソッドを選定しました。

AWSをマーケティングプラットフォームへ

クラスメソッドは2014年にスターバックスへの技術支援をスタートしました。それから今日にいたるまで、AWSはもちろんのこと、モバイルアプリやビッグデータ分野など多岐にわたる構築プロジェクトで全社的なサポートを続けています。

この記事の全文(3,785字)をご覧になりたい場合はフォームをご入力ください

記事の本編ではスターバックス様の各プロジェクトとクラスメソッドの支援内容のご紹介、およびその評価についてご紹介しています。

関連する事例