クラスメソッド > 事例 > AWS > AWSをマーケティングの“プラットフォーム”として活用

AWSをマーケティングの“プラットフォーム”として活用

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社様

スターバックステクノロジー本部 カスタマーテクノロジー部 部長 荒木理江様

  • AWS
  • ビッグデータ
  • モバイルアプリ
  • クラスメソッドメンバーズ

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社は、国内1,342店舗を構える“シアトル系”スタイルのコーヒーストアチェーンです。

同社は2011年ごろより利用客向けのサービスを拡充し、デジタルマーケティングプラットフォームを実現させるために本格的なITサービスの強化に着手。2012年にその基盤としてAmazon Web Services(AWS)を選択しました。

AWSのプレミアコンサルティングパートナーであるクラスメソッドは、今日までに同社の自社プラットフォーム見直しのほか、公式モバイルアプリ開発会員サービス「My Starbucks」の開発支援ビッグデータ分析基盤構築など多方面における技術支援を展開しています。事業部を横断してトータルでの技術支援を行う中で、エンジニアのAWSに関する高い知見、アドバイスの提供、AWS以外の領域にも造詣が深いことなど、組織だけでなく個々の能力の高さなどがスターバックスからの評価につながりました。

この記事(3,785字)をご覧になりたい場合はフォームをご入力ください。

事例本編ではクラスメソッドの支援内容やその評価についてご紹介しています。

関連する事例