クラスメソッド > パートナー > 次世代BIプラットフォーム「Looker(ルッカー)」

次世代BIプラットフォーム「Looker(ルッカー)」

次世代BIプラットフォーム「Looker(ルッカー)」

Lookerは、データドリブンな意思決定する上で必要なデータ探索・共有・洞察を提供するためのBI(ビジネス・インテリジェンス)機能を兼ね備えた次世代型データプラットホームです。クラウドやオンプレミスにおかれた多種多様なデータベースからデータを取り込み、分析、可視化が可能です。

Lookerの特長

  • 日本と中国間のオンプレ・クラウド環境への接続

    データを持たずクラウドで一括管理

    データ定義や抽出などの操作はLookML(SQLを簡易化した言語)で簡単に実行可能。また、Looker上ではデータを持たないので同期・移動の心配が不要となり、データガバナンスが保たれます。

  • 今よりも高速・確実に接続したい

    様々なデータベースに対応

    Amazon Redshift、Snowflake、ORACLE、Microsoft SQL Server、Teradataなど50以上のデータベースと直接接続が可能です。複数のデータベースに接続し、マルチクラウドデータ環境を維持することができます。

  • 中国全土へのモバイルアプリ配信環境を整えたい

    Webブラウザで分析結果を共有

    Webブラウザ上で担当者自らデータの探索、共有が可能です。独自のダッシュボード作成もドラッグ&ドロップで簡単に作成、共有することができます。

1800社を超える企業が活用

Amazon、The Economist、IBM、Spotify、Lyft、Disney、ZOZO、メルカリ、リクルートなど、1800社を超える業界をリードする革新的な企業がLookerを採用して戦略的なデータイノベーションを実現しています。

Lookerの最新情報を「Developers.IO」でチェック

クラスメソッドの技術ブログ「Developers.IO」では、多数のLookerに関する記事をアップしています。機能について詳しく知る事ができますので是非御覧ください。

Developers.IOでLookerの記事を読む

お問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。