クラスメソッド > ニュース > イベント > 【5/16(木)神戸】「アクセシビリティの祭典2019」にAIソリューション部の持田徹が登壇します

イベント 2019年04月11日

【5/16(木)神戸】「アクセシビリティの祭典2019」にAIソリューション部の持田徹が登壇します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月16日(木)に神戸で開催される「アクセシビリティの祭典2019」にAIソリューション部の持田徹が登壇します。

アクセシビリティとは「機器やソフトウェア、システム、情報などを、身体の状態や能力に関わらず、様々な人が同じように利用できる度合い」を指す言葉です。アクセシビリティの祭典はWebを中心とした新しいアクセシビリティ技術を体感できるお祭りで、クラスメソッドがゴールドスポンサーとして協賛します。

イベントの中で持田は「アクセシビリティの未来を考える」と題し、アクセシビリティのこれからと今取り組むべき課題について語るパネリストの一人としてお話しします。アクセシビリティに関心をお持ちの方はぜひご参加ください。

イベント概要

日時:2019年5月16日(木)13:00〜19:15(開場・受付開始12:30)
会場:神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール
   兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1-48
アクセス:ポートライナー「京コンピュータ前」駅より徒歩1分
参加費:無料

セッション概要
タイトル:アクセシビリティの未来を考える
時間:18:20〜19:10
登壇者:株式会社ミツエーリンクス 取締役(CTO)木達一仁氏
    バスタイムフィッシュ 代表 村岡正和氏
    クラスメソッド株式会社 AIソリューション部 持田徹

イベントの詳細・お申し込みにつきましては、下記リンク先をご参照ください。

アクセシビリティの祭典2019