お知らせ 2020年2月20日

クラスメソッド、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対策強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッドは、社内外への新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、事業継続計画(BCP)に基づき2月17日から全拠点において下記の対策を行っています。
クラスメソッドでは1月26日にリモートワーク(在宅勤務)推奨を宣言していますが、市中感染が疑われる症例が発生していることから、あらためて警戒レベルを引き上げて対応します。感染拡大の可能性に対して、今後も顧客企業へ継続的なサービス提供を行うため、最善を尽くしてまいります。

・リモートワーク(在宅勤務)推奨の継続、強化
 総務・経理部門などのバックオフィス社員に対してもリモートワークの体制を組み、不要不急の出勤を控えることとします。
 出勤が必要となる場合は時差通勤を行います。
 2月20日時点で、社員および協力会社社員など関係者のリモートワーク利用率は90%以上となっています。

・イベント、セミナー開催の延期またはオンライン切り替え
 弊社が主催する2月~3月のイベント、セミナーについては、延期または中止、オンラインセミナーヘの切り替えなどの対応を行います。
 1月27日より、参加申込者に向けて順次ご案内を開始しています。
 4月以降の開催予定については、今後の状況に基づき判断します。

・営業活動のオンライン化推奨
 顧客およびパートナー企業との会議について、可能な限りオンラインで実施します。

・大人数が集まる場への社員の参加自粛推奨
 社員に対して、大人数が集まる場への参加自粛を通達しています。

クラスメソッドでは、クラウド技術を活用した業務環境により、継続的に良いサービスを提供できるよう努めてまいります。
セミナーや会議のオンラインヘの切り替えについてはご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

社員一同、新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束を心より願っております。

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領