プレスリリース 2020年5月11日

クラスメソッド、AWSの利用コスト最適化診断を期間限定で無償実施
〜ジョブ実行スケジューリングツールopswitchも無償提供開始、運用効率化を支援〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)は、2020年5月11日からアマゾン ウェブ サービス(AWS)の利用企業に向けて「AWSコスト最適化診断キャンペーン」を開始することをお知らせします。

「AWSコスト最適化診断キャンペーン」では、顧客企業が運用するAWSアカウントの各AWSサービス利用状況をチェックし、コスト削減のポイントがないかを無償にて診断します。

また、クラスメソッドが開発したAWS運用かんたん自動化ツール「opswitch」の無償提供を開始します。opswitchを利用することにより、従来は手動で実行していたAWSの各種サービスの運用を自動化でき、AWSのコスト最適化をより効率よく進めることができるようになります。

AWSコスト最適化診断キャンペーン概要

期間:2020年5月11日〜6月15日申込分まで
対象:AWS総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」未加入のAWSアカウント
詳細:https://classmethod.jp/m/cost-optimization/
コンサルティング内容:
・運用状況のヒアリング
・エンジニアによるコスト発生状況の調査
・診断結果と改善提案

※ キャンペーン利用時に、クラスメソッドメンバーズのAWS請求代行サービスに加入いただきます。AWS請求代行サービスへの加入は無料です。
※ opswitchは、クラスメソッドメンバーズへの契約有無に関わらず、無料でお使いいただけます。

opswitchについて

opswitch(オプスウィッチ)は、クラスメソッドが開発したAWS上のジョブ実行スケジューリングツールです。Webブラウザからopswitchのサイトにアクセスし、AWSアカウントを登録するだけで利用開始できます。
ジョブスケジューリングを活用することでバックアップなどの運用を省力化できます。また、不要になったインスタンスの停止忘れを防ぐことで、AWS利用コストの最適化にもつながります。

利用例:
・Amazon EC2 インスタンスを時間指定で起動・停止
・Amazon EC2、Amazon EBSなどのバックアップの定期作成
・リージョン間コピーによる災害対策 etc.
詳細:https://opswitch.io/
参考:【5/13(水)ウェビナー】「はじめの一歩~AWS運用の自動化編~」
   https://dev.classmethod.jp/news/200513-opswitch-webinar/

クラスメソッドについて

クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービスをはじめ、ビッグデータ、モバイル、IoT、音声認識の技術を活用した企業向け支援を行っています。AWS支援では2015年から6年連続で公式の最上位コンサルティングパートナーに認定され、現在までに1,700社5,000アカウント以上のAWS導入実績があります。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では2万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、音声認識技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ : https://www.facebook.com/classmethod/

※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon EC2およびAmazon EBSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

↑

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領