プレスリリース 2020年9月3日

クラスメソッド、データ統合基盤サービスの Google BigQuery™、Snowflake対応を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)は、様々なデータを収集・統合して分析環境に簡単に連携できるデータ統合基盤「カスタマーストーリーアナリティクス」について Google BigQuery、Snowflakeに対応開始しましたのでお知らせします。

データ統合基盤「カスタマーストーリーアナリティクス(CSA)」は、データベースやクラウドサービス、ログデータなど、企業が保有するデータソースを集約し、単一の基盤上に統合するパッケージサービスです。構築後にBIツールと連携することで、すぐに分析を始めることができます。

従来はAmazon Redshiftをデータ統合基盤としてサービスを提供してきましたが、このたびデータウェアハウス(DWH)の選択肢として、Google BigQuery、Snowflakeにも対応しました。3種類のDWHに対応したことで、既存環境との親和性やコストメリット、アクセス性能、24時間365日稼働のサービス品質保証(SLA)や、柔軟なデータスキーマの活用など、顧客要件に合わせて最適なアーキテクチャを選択することができるようになりました。

本サービスは、本日9月3日から正式サービス提供を開始します。
また、各DWHの特徴と想定ユースケースについて解説するウェビナーを9月29日に開催予定です。

<データ統合基盤「カスタマーストーリーアナリティクス(CSA)」のシステム概要>

ウェビナー概要

タイトル: 60分で分かる!各データウェアハウス特徴とユースケース~ Redshift、BigQuery、Snowflake ~
日時: 2020年9月29日(火)13:00〜14:00(接続開始12:50)
詳細: https://dev.classmethod.jp/news/200929-dwh/

クラスメソッドについて

クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービス(AWS)をはじめとしたクラウドサービス、データ分析基盤、アプリ開発、IoT連携、AI/機械学習の技術を活用した企業向け支援を行っています。現在までにAWS技術支援を中心に2,000社以上、AWSアカウント数では8,800件以上の支援実績があり、2015年からは6年連続でAWS公式の最上位コンサルティングパートナーに認定されています。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では2万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、音声認識技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ :https://www.facebook.com/classmethod/

※ BigQuery は Google LLC の商標です。
※ Amazon、アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、およびAmazon Redshiftは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

↑

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領