プレスリリース 2020年9月8日

クラスメソッド、ウルシステムズ、PwCあらた、ネオス、
エンタープライズ領域におけるAWS活用推進コンソーシアムを設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)、ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下「ウルシステムズ」)、PwCあらた有限責任監査法人(本社:東京都千代田区、代表者:井野 貴章、以下「PwCあらた」)、ネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史、以下「ネオス」)の4社はこのたび、エンタープライズ分野におけるアマゾン ウェブ サービス(AWS)の活用推進を目的としたコンソーシアム『APNセキュリティコンソーシアム・ジャパン』を設立しました。

<コンソーシアムの設立背景>
今日、多くの企業ではデジタルトランスフォーメーションが重要な経営課題となっています。ビジネス環境の変化に柔軟性をもって対応するには、システム開発のスピードアップが欠かせません。こうした要件を満たすため、エンタープライズ領域ではクラウドネイティブなシステム構築が主流となっています。構築において適切なセキュリティ対策をとることは重要な課題ですが、業界標準となる体系化されたガイドラインは存在していませんでした。
クラウドネイティブなシステムでは、開発効率を高めるため多岐にわたるサービスを積極的に利用します。それぞれのサービスの特性を把握しておかなければ、セキュリティインシデントやサービスレベルの低下を生むリスクがあります。
また、IT監査への対応コストも課題です。現在、クラウドを使ったシステムのIT監査に関して知見を持つシステムの設計者は限られています。システムリリース後に監査の指摘を受けて改修が発生するケースは珍しくありません。

<活動概要と展望>
クラスメソッド、ウルシステムズ、PwCあらた、ネオスの4社は共同で『APNセキュリティコンソーシアム・ジャパン』を設立しました。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社による協力の下、セキュリティやSLA、監査の観点を盛り込んだエンタープライズ領域におけるクラウド活用のベストプラクティスをコンソーシアムのスペシャリストメンバーと研鑽してまいります。本コンソーシアムは4社を主幹事としてAWSパートナーネットワーク(APN)コンサルティングパートナーであるコンサルティング企業やシステムインテグレータから広く参加を募ります。コンソーシアム会員同士での事例共有や、共同研究、ガイドライン策定などの活動を通じて、ノウハウを高める活動を推進いたします。

クラスメソッドはAWSや各社SaaSサービスに対するものを中心に、2,000社以上への技術支援実績があります。本コンソーシアムにおいて、クラスメソッドは技術支援実績から得たノウハウ、事例知識、技術力をもとに、ナレッジ共有とガイドライン策定に取り組みます。
本活動を通じて、クラスメソッドは企業のクラウドサービス導入を直接的・間接的に支援・推進していきます。

APNセキュリティコンソーシアム・ジャパンについて

【主な活動内容】
・コンソーシアム内での事例共有(成功事例、失敗事例)を通して、クラウド活用におけるセキュリティへの理解を深める。
・会員同士による共同評価/検証および結果を共有し、AWS活用のポイントを技術的な観点から明らかにする。
・クラウドセキュリティ導入・運用の実績を通して、新しい情報部門の役割を議論・検討する。
・クラウドセキュリティ活用について議論、検討する。
・AWSおよびAPNパートナーの新サービスや事例発表を通して、AWS活用セキュリティソリューションへの理解を深める。
・マネジメントからエンジニアまでを対象に、クラウド導入の不安を払拭および、活用を推進するための情報を体系化した各種ガイドラインを執筆する。

【ガイドライン構想】
セキュリティガイドラインは4つの構成としています。マネジメントとエンジニアのそれぞれでクラウドセキュリティへの認識合わせを可能とし、AWSのホワイトペーパーや様々なナレッジが、どのタイミングでどのように活用すれば適切なのかを体系的にまとめます。
1. クラウド導入の選定および選定を提案するマネジメント向けに、クラウド利用のメリットと考慮すべき事項のガイドライン
2. クラウド利用での検討、事業者選定、導入・運用のプロセスとリスク管理のガイドライン
3. 国内・グローバルの公知の基準とも整合したリスクコントロールのガイドライン
4. AWSホワイトペーパーにも準拠した、サービス対策や設計アーキテクチャのガイドライン

【APNセキュリティコンソーシアム・ジャパン会員資格】
APN セレクトティア以上のパートナーであることを条件としております。

【AWSサミットでの発足紹介】
AWS Summit Online( 2020年9月8日(火) ~ 9月30日(水) )でのクラスメソッド セッション『APN-05 クラスメソッドが参加する、APNセキュリティコンソーシアム・ジャパンの発足と今後の取り組みについて』にて、本コンソーシアムの発足を紹介しております。

アマゾン ウェブ サービス(AWS): https://aws.amazon.com/jp/
AWSパートナーネットワーク(APN): https://aws.amazon.com/jp/partners/
AWS Summit Online: https://aws.amazon.com/jp/summits/2020/

クラスメソッドについて

クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービス(AWS)をはじめとしたクラウドサービス、データ分析基盤、アプリ開発、IoT連携、AI/機械学習の技術を活用した企業向け支援を行っています。現在までにAWS技術支援を中心に2,000社以上、AWSアカウント数では8,800件以上の支援実績があり、2015年からは6年連続でAWS公式の最上位コンサルティングパートナーに認定されています。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では2万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、音声認識技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ :https://www.facebook.com/classmethod/

※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、およびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

↑

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領