プレスリリース 2020年9月8日

クラスメソッド、F5ネットワークスの新型サイバー攻撃対策SaaSを販売開始
〜最短30分で設定完了、ダッシュボードによる保護状況の可視化〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:横田 聡 以下、クラスメソッド)は、F5ネットワークスジャパン合同会社(所在地:東京都港区、代表:権田裕一、本社所在地:米国ワシントン州シアトル, 以下「F5」)が提供するWebアプリケーションに必須の保護対策を提供するクラウドサービス「F5 Cloud Service Essential App Protect」を販売開始しました。
 
本サービスは、オンラインでサービス提供を行う企業が直面する、サイバー攻撃のリスク低減を支援するSaaS製品です。サイバー攻撃からの保護をクラウド上で提供するWeb Application Firewall as a Service(WAFaaS)をコンセプトとしています。
本サービスでは、F5が長年培ったWebアプリケーションに対するサイバー攻撃対策に基づき、数千におよぶウイルスや攻撃的アクセスのパターン(シグネチャ)が提供されます。利用者は最短30分で必要な設定を有効化でき、脅威からの保護状況をダッシュボードから即時に把握することができます。

クラスメソッドとF5は、数年におよぶ両社のパートナーシップを強化しながら、今後もAWSクラウドを活用する企業に利便性の高いサービス、ソリューションを提供してまいります。

F5 Networks Inc.(F5)について

F5は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、データセンターなど、あらゆるIT環境において、アプリケーション開発運用から利用者のカスタマーエクスペリエンス向上までを支援する、一気通貫した包括的なアプリケーションサービスを提供しています。F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。また、F5のソリューションは、国内外のリーディング企業、サービスプロバイダー、公共機関のIT分野で広く採用され、最先端のクラウド、セキュリティ、モビリティ環境の実現に貢献しています。

F5ネットワークスジャパン ホームページ : https://www.f5.com/ja_jp
Twitter: @F5Japan
Facebook: https://www.facebook.com/f5networksjapan

クラスメソッドについて

クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービス(AWS)をはじめとしたクラウドサービス、データ分析基盤、アプリ開発、IoT連携、AI/機械学習の技術を活用した企業向け支援を行っています。現在までにAWS技術支援を中心に2,000社以上、AWSアカウント数では8,800件以上の支援実績があり、2015年からは6年連続でAWS公式の最上位コンサルティングパートナーに認定されています。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では2万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、音声認識技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ :https://www.facebook.com/classmethod/

※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、およびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

↑

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領