クラスメソッド > ニュース > プレスリリース > 次世代BIプラットフォームを提供するLooker社とのパートナー契約を締結〜クラウド戦略および市場アプローチについてLooker社へインタビュー実施〜

プレスリリース 2019年10月01日

次世代BIプラットフォームを提供するLooker社とのパートナー契約を締結
〜クラウド戦略および市場アプローチについてLooker社へインタビュー実施〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッド株式会社(以下「クラスメソッド」)は、次世代BIプラットフォーム「Looker」を提供するLooker社とパートナー契約を締結しました。

Lookerはクラウドやオンプレミスにおかれた多種多様なデータベースからデータを取り込み、分析、可視化できるSaaS型BIツールです。クラスメソッドは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の導入支援に対する5,000アカウント以上の実績を元に、顧客企業へのデータ分析基盤の構築およびLooker導入について支援します。

Looker詳細:https://classmethod.jp/partner/looker/

また、このパートナー契約締結に関連して、クラスメソッドはLooker社ジャパンカントリーマネージャーである小澤正治氏をはじめとしたLooker Japanの社員にインタビューを行いました。インタビューの様子はオウンドメディア「Developers.IO」に記事公開しています。

[インタビュー概要]
実施日:2019年8月15日
骨子:
 ・Lookerは今後もアマゾン ウェブ サービスをサポート
 ・GoogleとLookerはカルチャーインテグレーションの観点で良好
 ・Looker社は日本市場に対して3つの柱でアプローチ
  - Internal BI
  - Embedded Analytics
  - ログ分析領域
記事:『Googleによる買収』でこれからどうなる?Lookerの中の人に色々話を聞いてみた
https://dev.classmethod.jp/business/business-analytics/interview-with-looker-japan/

クラスメソッドはLookerをはじめとする最新技術の紹介、導入支援を通じて、すべての人々の創造活動に貢献し続けます。

Looker社について

Lookerは、データドリブンな意思決定する上で必要なデータ探索・共有・洞察を提供するためのBI(ビジネス・インテリジェンス)機能を兼ね備えた次世代型データプラットホームです。 Amazon、The Economist、IBM、Spotify、Lyft、Disney、ZOZO、メルカリ、リクルートなど、1,800社を超える業界をリードする革新的な企業がLookerを採用して戦略的なデータイノベーションを実現しています。本社は米国カリフォルニア州サンタクルーズにあり、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ボルダー、ロンドン、東京、ダブリン、アイルランドにオフィスを構えています。

コーポレートサイト:https://ja.looker.com/

クラスメソッドについて

クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービスをはじめ、ビッグデータ、モバイル、IoT、音声認識の技術を活用した企業向け支援を行っています。AWS支援では2015年から5年連続で公式の最上位コンサルティングパートナーに認定され、現在までに1,300社5,000アカウント以上のAWS導入実績があります。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では1.8万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、音声認識技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ : https://www.facebook.com/classmethod/

※ Amazon、アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web ServicesおよびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。