クラスメソッド > ニュース > お知らせ > AWS事業本部の渡辺聖剛が「Mackerelアンバサダー」に就任しました

お知らせ 2019年09月27日

AWS事業本部の渡辺聖剛が「Mackerelアンバサダー」に就任しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このたび、AWS事業本部の渡辺 聖剛が「Mackerelアンバサダー」に就任しました。
渡辺は2018年に選出された吉江健斗に続き、クラスメソッド社員としては2人目のMackerelアンバサダーとなります。

Mackerelアンバサダーは、サーバー監視サービス「Mackerel」を活用し、その情報発信を継続的に行なっているユーザーをはてな社がアンバサダーとして選出、認定し、Mackerelのさらなる活用に向けて様々な特典を提供するプログラムです。
渡辺は吉江とともに技術ブログ「Developers.IO」でMackerelについて継続的な情報発信を行なってきており、こうした取り組みが今回のアンバサダーとしての選出につながったものと考えています。

クラスメソッドはMackerelを含むパートナー各社の製品・サービスについて導入支援を行っています。常に最新の技術情報を収集し、お客様が安心してシステムをご利用いただけるよう、これからも尽力してまいります。

参考: Developers.IO Mackerel特集
https://dev.classmethod.jp/referencecat/mackerel/