クラスメソッド > ニュース > プレスリリース > クラスメソッド、AWS請求代行サービスで利用料金の事前請求型プラン開始〜バウチャー型プラン開始により公的機関や自治体などのAWS利用を促進〜

プレスリリース 2018年11月16日

クラスメソッド、AWS請求代行サービスで利用料金の事前請求型プラン開始
〜バウチャー型プラン開始により公的機関や自治体などのAWS利用を促進〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッド株式会社(以下、クラスメソッド)は、企業向けアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」にてお客様の予算枠に応じたAWS利用を促進するバウチャープランの申込受付を本日より開始します。

バウチャープランは、AWSの直接利用やメンバーズ従来プランでの従量課金制とは異なり、利用料金を10万円単位で事前見積・請求を行うプランです。このプランの採用により、今やスタンダードなインフラサービスのひとつとなったAWSクラウドを大学・高校・専門学校などの教育機関、自治体、非営利法人や従量課金での稟議が困難な企業などでもお申し込みや利用がしやすくなることが期待されます。ぜひご利用ください。

詳細:https://classmethod.jp/m/voucher/

クラスメソッドメンバーズ バウチャープラン詳細

・料金:10万円
・AWSご利用枠:9万5,000円分

バウチャープラン加入者様のAWS発注・ご利用フロー

AWS総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」について

クラスメソッドメンバーズは、お客様のAWS利用を総合的に支援するサービスです。 クラスメソッドがAWS利用料金の請求代行から構築に関するコンサルティング、AWSインフラ運用、24時間365日体制でのセキュリティ監視まで幅広い支援を行い、お客様がスムーズにAWSを活用してビジネスに注力できるようさまざまなサポートやAWSのベストプラクティスを提供いたします。

詳細:https://classmethod.jp/services/members/

クラスメソッド株式会社について

クラスメソッド株式会社はAWSクラウドをはじめ、ビッグデータ、モバイル、IoT、音声認識の技術を活用した企業向け支援を行っています。AWS支援では2015年から4年連続で公式の最上位コンサルティングパートナーに認定され、現在までに700社2500アカウント以上のAWS導入実績があります。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では1万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。
本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1丁目11番地 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、音声認識技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ :https://www.facebook.com/classmethod/

※ アマゾン ウェブ サービス、AWSは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

クラスメソッドメンバーズ バウチャープラン