クラスメソッド > ニュース > プレスリリース > クラスメソッド、Amazon AlexaスキルとAWS IoT間の連携ソリューションを提供〜ロボットやデジタルサイネージなどIoT機器の音声操作に対応〜

プレスリリース 2017年11月16日

クラスメソッド、Amazon AlexaスキルとAWS IoT間の連携ソリューションを提供
〜ロボットやデジタルサイネージなどIoT機器の音声操作に対応〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッド株式会社(以下、クラスメソッド)は、Amazonの提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に独自の機能を追加する「Alexaスキル」を通じて、ロボットやデジタルサイネージ等のIoT機器と連携するソリューションの提供を開始しました。本ソリューションの特徴は、既存のIoT、Web、モバイルの仕組みに追加する形で簡単に音声対応することです。アマゾン ウェブ サービス(AWS)が提供するIoT クラウドプラットフォーム、AWS IoTを用いることで、HTTP、WebSocket、MQTTなどの通信プロトコルをサポートし、様々なデバイスとの連携が可能です。

クラスメソッドは2017年5月にAmazon Alexaに特化した専門部署をいち早く設立し、事業企業向けの音声対話技術テンプレート開発や音声対話に関するコンサルティングを行っています。今後も当社はAlexaを軸としたAI技術活用を提案してまいります。

Alexaスキルと IoT連携ソリューションについて

Alexaスキルと IoT連携ソリューションに含まれている内容は以下の通りです。Amazon Echo等のスマートスピーカーから受け取った指示を、注1) AWS LambdaとAWS IoTを経由して各IoT機器に送信します。

Alexaスキルと IoT連携ソリューション例について

1. Alexaスキル呼び出し結果をデジタルサイネージに表示
2. Alexaスキル呼び出し結果をスマートフォンのアプリに通知
3. Alexaスキルを通じてセンサーの状態を確認

Alexa IoT連携ソリューションの価格について

初期費用:20万円〜
月額費用: 0円〜 ※別途、Alexa及びAWSのサービス利用に関する契約が必要です。

クラスメソッド Alexa事業部について

Alexa事業部は、クラスメソッド及びグループ会社(日本・カナダ・ドイツ)による混成チームです。最新のデバイスやクラウド技術をいち早く調査してテンプレート化することで、多くの事業会社向けに短期間で導入できるようにしています。チームメンバーは、クラウドやモバイルに関する専門家を中心に10名程でスタートしています。今後は、順次体制を強化しつつ、多くのAlexaスキルをリリースする予定です。

クラスメソッド株式会社について

クラスメソッド株式会社は、「クラウド、ビッグデータ、モバイル、センサー、音声認識」の技術を活用した企業向けの技術支援を行っており、1500件を超える実績を残しています。2015年よりAWS Partner Network(APN) プレミアコンサルティングパートナーとして多くのお客様のAWS活用を支援し、お客様ビジネスに貢献しています。全社的な取り組みとして、社員による情報発信に力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」にて約10,000本以上の技術情報を公開しています。

所在地  : 東京都千代田区神田佐久間町1丁目11番地 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド、モバイル、ビッグデータ、音声認識に関する技術支援
オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ : https://www.facebook.com/classmethod/

注1) サーバーのプロビジョニングや管理なしでコードを実行できる AWSが提供するコンピューティングサービス
※ アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS IoT、AWS Lambdaは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Amazon Alexaスキル支援サービス