契約するだけで安くなる?AWS代理店契約の3つのメリットとは

はじめに

AWSは必要なタイミングで、必要な分だけ利用できる従量課金型の便利なサービスです。一方で、利用料金の支払いに関しては煩わしいと感じたことはないでしょうか。AWSは通常の支払い方法とは異なり、直接契約しようとすると、クレジットカードやドル払いといった慣れない支払い方法で決済しなければなりません。

今回は、AWSをさらに便利に、お得に利用できる代理店契約と「請求代行サービス」について解説します。

AWSの直接契約と代理店契約の違い

AWSを直接契約する場合と、代理店経由で契約する場合は何が違うのでしょうか。両者の違いについて解説します。

請求代行サービスとは

AWSを利用する方法としては、AWSと直接契約する方法、パートナーと呼ばれる代理店と契約する方法の2種類があります。AWSの請求代行サービスとは、AWSのパートナー企業がユーザーとなる企業を代行し、AWSへ料金を請求するサービスです。

なぜこのような代行サービスがあるかというと、国内企業の支払い方法と合わせるためです。AWSの支払いはクレジットカード払い、米ドルで海外送金する請求書払いの2種類があります。しかし、一般的な国内企業に多い請求書払い(銀行振込による後払い)を選択するには、一定の月額利用料を満たしているなどの条件があります(詳しくは AWSのよくあるご質問をご覧ください)。またクレジットカード払いは、利用額が上限に達してしまう可能性もあります。

この課題を解消するため、AWSを利用する企業は、請求代行サービスを利用するケースが多いのです。

日本円で請求書払いが可能

さらに、AWSのパートナーを経由することで、日本円での請求書払いが可能となります。請求代行サービスはパートナーによって内容が異なり、AWS利用料割引や各種手続き代行などさまざまなオプションが含まれていたり、手数料がかかる場合もあります。

AWSの請求の流れ図

請求代行サービスの3つのメリット

それではクラスメソッドが提供する請求代行サービスの3つのメリットを紹介します。

1. 契約するだけでAWS利用料が安くなる

クラスメソッドの提供するAWS総合支援サービス「メンバーズ」の請求代行プランは、 初期費用、月額手数料0円、サービス利用料0円、契約するだけでAWS利用料が割引になります。解約手数料も一切かかりません。

2. 高品質サポートが無料付帯

クラスメソッドがAWSサポートに加入しているため、AWS直接契約だと利用料の10%かかるサポート費が無料になります。

また、海外を含む3拠点の体制で、日本語と英語でサポートが可能です。サポートチームの全員がAWS資格保有者であり、必要に応じてAWSと連携したサポートが提供されます。

3. クラウド保険が無料

AWSを利用しているシステムやソフトウェア等になりすまし攻撃、DoS攻撃、SQLインジェクション等のサイバー攻撃が発生した場合に、対応に要した以下の費用の一部を補償します

  • 不正アクセス等の原因調査のために支出する費用
  • セキュリティ事故に関して支出する弁護士報酬
  • セキュリティ事故発生時の対策もしくは再発防止策に関するコンサルティング費用
  • 不正アクセス等が発見されたことにより、ネットワークの遮断対応を外部委託した場合に支出する費用

請求代行サービスはなぜAWSの費用が安くなる?

クラスメソッドはAWSパートナーとして、お客様が利用するAWSをまとめて大量契約する ことで、パートナー割引での仕入れを行っています。そのため、直接契約するより費用を抑えることができ、その差額を値引、無料サポートや保険などの付加サービスといった形でお客様に還元しています。

クラスメソッドメンバーズ利用時の請求の流れ図

今からはじめるAWSの請求代行

現在AWS直接契約をしている方やこれからAWSを利用する方に向けた、AWS代理店による請求代行サービスの特長やメリットについてまとめた資料です。

もくじ

  • AWSの請求代行とは
  • クラスメソッドの請求代行はここが違う
今から始めるAWSの請求代行資料サムネイル

公開日:2022年8月29日

こちらの記事もおすすめ

おすすめセミナー