クラスメソッド > サービス > クラスメソッドメンバーズ(AWS総合支援) > クラウド最適化アセスメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AWS環境の最適化に向けた現状把握と改善提案を行う
クラウド最適化アセスメント

クラウド最適化アセスメントでは、「セキュリティ」「コスト」「可用性」「パフォーマンス」「運用」の5軸に対し、クラウド利用状況の把握と課題抽出を実施します。クラスメソッドが持つAWSの知見をもとにした改善レポートをご提示し、クラウド環境を最適な状態に導きます。

こんな課題をお持ちであれば
クラウド最適化アセスメントをご利用ください

  • 複数のベンダーに依頼をしているため、ガバナンスが効いているかが不安
  • 独学でAWSを利用しているため、最適な活用方法かを見直したい
  • セキュリティインシデントのリスクを減らしたい
  • 無駄なコストの発生を抑えたい
  • 属人性が高く、担当者の負担が大きい運用を見直したい
  • 障害でサービスの停止が頻発し、障害からの復旧に時間がかかっているので改善したい
  • システムリリース時点での設計の不備を減らしたい

クラウド最適化アセスメントでできること

AWSベストプラクティスとのギャップが把握できる

AWSベストプラクティスとのギャップが把握できる

AWS環境が最適な状況になっているか、チェックを行います。AWS Well-Architected Frameworkを利用しAWSベストプラクティスとのギャップを把握します。

改善に必要なアクションがわかる

改善に必要なアクションがわかる

クラスメソッドが持つAWSの豊富な知見をもとに、課題に対する優先順位付けの実施と必要となるアクションを提示する改善レポートをご提供します。

AWSをビジネス視点で考えることができる

AWSをビジネス視点で考えることができる

システム面だけはなく、ビジネス上の目的を踏まえ最適化を行えます。ビジネス課題として捉えることで、ゴールや優先順位付などが行えます。

ご利用の流れ

STEP1
オリエンテーションの実施
クラウド最適化アセスメントの流れについて説明を行い、アセスメントをするスコープを決定します
STEP2
ヒアリングシートを活用した現状把握
クラスメソッドが用意したヒアリングシートに記入いただきながら現状の把握を実施します
STEP3
Well-Architected Frameworkを利用したレビューの実施
レビュー対象のシステムに対し「セキュリティ」「コスト」「可用性」「パフォーマンス」「運用」の視点でアセスメントを実施します
STEP4
改善レポートの提示
優先順位付けと必要となるアクションをご提示します。クラスメソッドでの多数の導入実績を元に、最適なご提案をいたします
STEP5
技術コンサルティング・サポート(別途契約)
必要となるアクションに対しての技術コンサルティングやサポートを行います

クラウド最適化アセスメントは、クラスメソッドメンバーズのプレミアムサービスの有償オプションです。ご利用いただくためには、クラスメソッドメンバーズへの加入が前提となります。お見積の詳細はお問合せください。

AWSのことならクラスメソッドにおまかせ!
お気軽にお問合わせください

AWS Well-Architectedパートーナープログラム認定取得

AWS Well-Architectedパートナープログラム

クラスメソッドは、AWSパートナーネットワークにおけるAWS Well-Architectedパートナープログラムに認定されました。

AWS Well-Architected フレームワークに沿った技術支援に加えて、顧客向けセミナーの開催を通じてAWS Well-Architected フレームワークの普及に貢献してきました。これらの活動実績が評価され、AWSの公式認定を受けています。

AWS Well-Architected フレームワークについて

AWS Well-Architected フレームワークは、特定のアーキテクチャがクラウドのベストプラクティスに沿っているかどうかを判断するための、一連の基本的な質問を文書化したものです。
このフレームワークは、最新のクラウドベースシステムに要求される品質に照らしてシステムを評価する一貫したアプローチと、品質を満たすために必要な改善方法を提供しています。

クラスメソッドへのお問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。