AWS無料枠の基本を解説。利用時に気を付けたい5つの注意点も!

基本的なサーバやストレージから、機械学習などの最新技術まで数多くのサービスを提供するAWS。活用時にはオンプレミスとは使い勝手が異なる点があり、自社システムがきちんと稼働するか、用途にマッチするかなどの検証が必要です。AWSでは検証や学習などのために、様々なサービスで「無料枠」が用意されており、コストをかけずに試せますが、利用には注意が必要なポイントも。無料枠の種類とあわせて、利用時の注意点を解説します。

AWSの無料枠は3種類

AWSの無料枠には3種類あり、それぞれ利用できるサービスや期間などが異なります。何かしらの無料枠が用意されているサービスは100以上にのぼり、個人の学習目的から、企業で新たな仕組み・システムを構築する際の検証まで、様々な用途に活用できます。

AWSトレーニングサービス資料

これからAWSを始めるIT部門の方やエンジニアの育成担当の方に向けた、AWSトレーニングサービスのコースの説明や受講すべきコースの選び方についてまとめた資料です。

内容

  • トレーニング一覧
  • 最適AWSトレーニング診断チャート
  • お申込みから受講までの流れ
AWSトレーニングサービス資料のサムネイル画像

公開日:2022年11月30日

こちらの記事もおすすめ

おすすめセミナー