クラスメソッド > 事例 > Amazon Alexa(アレクサ) > 先進的インターネット専業銀行によるスマートスピーカー機能の開発支援

先進的インターネット専業銀行によるスマートスピーカー機能の開発支援

株式会社ジャパンネット銀行様

    ご利用サービス:
  • Amazon Alexa(アレクサ)
  • Alexaスキル開発

ネット専業銀行のパイオニアがAmazon Alexaスキルを提供

ジャパンネット銀行は、2000年に創業した日本初のインターネット専業銀行です。取引システムの24時間365日連続無停止稼働や、法人向けのトランザクションレンディングなど、銀行界のベンチャー的存在として最先端の技術を活用した新しい時代の銀行サービスを提供してきました。

常に新しい取り組みを続ける同行は、その先進的な取り組みの一環として、2018年よりスマートスピーカーなどに採用されているクラウドベースの音声対話サービス「Amazon Alexa」を活用しています。現在までに公開されている独自機能「Alexaスキル」は3種類あり、これらの開発支援はクラスメソッドのAI専任エンジニアチームがサポートしています。

参考:Amazon Alexaで話しかける、新しい銀行のかたち。|ジャパンネット銀行

「JNB-toto」スキル

2018年6月に公開した「JNB-toto」スキルは、スポーツくじ・BIGのキャリーオーバー金額と販売日程をお知らせするものです。同行の口座をお持ちでない方にもご利用いただけます。

詳細:JNB-toto|Amazon.co.jp

「ジャパンネット銀行」スキル

同年9月には「ジャパンネット銀行」スキルを公開しました。Amazon Echoシリーズのスマートスピーカーに「アレクサ、ジャパンネット銀行を開いて」と話しかけることで、同行に口座をお持ちの方は普通預金口座残高を確認することが可能です。

詳細:ジャパンネット銀行|Amazon.co.jp

「モネタイマー」スキル

さらに10月25日より、お客さまサポートのアシスタントを務めるキャラクター“モネ”が時間を計測してお知らせする「モネタイマー」スキルを開始しています。同行の口座をお持ちでない方にもご利用いただけます。

詳細:モネタイマー|Amazon.co.jp

これらのスキルについて、クラスメソッドはインフラやボイスUI(VUI)の開発支援を行い、ジャパンネット銀行の音声対話サービス活用をサポートしました。

関連する事例