クラスメソッド > 事例 > チャットボット > LINEで白木屋、笑笑ほか飲食チェーンの予約を受け付けるAIチャットボットの開発支援

LINEで白木屋、笑笑ほか飲食チェーンの予約を受け付ける
AIチャットボットの開発支援

株式会社モンテローザ様

    ご利用サービス:
  • チャットボット
  • AI開発

全国約1,700店舗を展開する外食チェーン最大手

株式会社モンテローザは、居酒屋を中心とした外食チェーンの大手企業です。1983年の創業以来、時代のニーズや客層に合わせたさまざまなコンセプトの店舗を展開し、「お客様の居心地の良い空間づくり」を目指してきました。現在は「白木屋」「笑笑」「魚民」など居酒屋を中心に約1,700店舗の直営店舗を47都道府県で展開しています。

電話による問い合わせへの対応改善が課題

飲食店での宴会予約に関する問い合わせを希望する利用ユーザーは、コールセンターや店舗に電話をする必要があります。ユーザーは、昼食時間帯にお問い合わせをすることが多く、短時間に集中する傾向がありました。また、ご予約内容の確認には相応の時間を要するため、ユーザーの時間を拘束することとなりかねません。

クラスメソッドは、問合せ対応の改善を目指す同社のご依頼を受け、宴会予約を受け付けるAIチャットボットを開発、提供しました。本サービスはコミュニケーションアプリ「LINE」をインターフェースとして採用し、システム基盤にはAWSを活用しています。

AIチャットボットにはクラスメソッドのAI活用支援チームが培った自然言語理解、対話技術のノウハウが活用されています。これにより、電話対応による人的リソースに依存した対応から効率的で短時間でのユーザー対応を実現します。また、ユーザーにおいても気軽でスピーディに問い合わせができるので、離脱率の低く満足度の高い応対が可能です。

関連する事例