データ処理時間の大幅短縮と業務の属人化改善をAlteryx活用で実現

株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ

クリエイティブ本部 デジタルソリューション部
部長 大西寛様
課長 長尾諭様

  • Alteryx

株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ(以下ZMS)は、株式会社ゼンリンジオインテリジェンス(以下ZGI)と、「株式会社ゼンリンビズネクサス」「大東マーケティングソリューションズ株式会社」が合併し、2020年4月1日に発足しました。クラスメソッドはZGI時代から引き続き支援をさせていただいています。
同社では、ゼンリンが持つ独自の地図データベースを強みとした、様々な業界に向けてのマーケティング活動支援ツールとなるデータベースの提供、GIS(Geographic Information System)パッケージ販売やツール開発、分析業務の支援などを行なっています。
位置情報ビジネスの市場は活況を呈しており、特に位置情報を活用したマーケティング手法は広く関心を集めています。変換の激しい市場のニーズに応えていくためには、ゼンリングループ独自の高精度なGISデータと、国勢調査や住宅土地統計といった各種統計情報を重ね合わせた新しいデータ製品の開発や、既存データ製品の迅速なメンテナンスが求められます。GISデータを用いた専門的な作業には、スキル獲得コストと時間がかかっており、作業効率化が課題となっていました。

ZGIでは、この問題を解決するため、2019年度からデータ処理ツールAlteryx(アルテリックス)の導入を開始。利用のきっかけと成果、そして導入に際してクラスメソッドがどのように貢献できたのかを、当時、ZGIにてシステム開発部部長を務められていた大西寛様(現:ゼンリンマーケティングソリューションズ クリエイティブ本部 デジタルソリューション部 部長)と、制作本部コンテンツ部マネージャー(現:同上 課長)の長尾諭様に振り返っていただきました。

データ処理が3ヶ月から2週間程度に短縮、コストも6分の1程度に

ZGIは全社員が24名、その中でお客様のプロジェクトや自社サービスの運営・開発・保守、また営業サポートなどに関わっているメンバーは約半数。限られた人員で新しいことにチャレンジしていく為にも、ルーチンワーク業務負荷を抑えなければならない、という課題を抱えていました。

「Tableau(タブロー)のユーザー会に出た時Alteryxの事をたまたま知りました。その後、クラスメソッドさんが開催している無償ハンズオンセミナーを受けさせてもらったところ、便利そうなツールだなという感触だったんです。そこで社内でのトライアルを1ヶ月程実施して、実際のデータを回してみたところ『あ、これはいけるな』と思いました」(長尾さん)

だれでも簡単な操作で商圏分析を実現するクラウド型のエリアマーケティングツール「Market Platform」。そこに搭載するデータには鮮度が求められます。導入前までは、全国を一定の広さで区分けし、そのエリア内にどのくらい人が住んでいるか、何世帯あるか等のデータを集計する作業では、処理のために3ヶ月程度の期間、複数台のサーバを契約して実施していました。最も課題となっていたのは処理速度であったため、検証期間もその視点を中心にチェックしたといいます。

「やりたいことはすごくシンプルなので、なんとか速度を早くしたいと考えていました。Alteryxで試しに実施してみたところ、これがとにかく期待値以上の速さで。3ヶ月位かけて処理していたのが、正味2週間程度で終わってしまいました。サーバを立てる必要もなく、PC1台で出来てしまうので、トータルコストでいえば5分の1から6分の1程度になったと思います」(大西さん)

Alteryxを導入することで、副次的な効果として、多くのツールを別々に操らなければならないという手間の省略や、ワークフロー中での無駄な作業にも気付くことができ、その改善も作業時間を大幅に短縮に貢献したといいます。

ツール統合とワークフロー作成により、業務の属人化を解消

ZGIではGISデータを扱うため、普段は専門的なGISソフトウェアを利用しています。このソフトウェアは何種類もあり、しかもそれぞれ取り扱えるファイル形式が限定されることが多いとのこと。全てのツールを一人で習得するのは不可能なため、仕事の属人化にも影響してきたといいます。

「GISソフトウェアで読み込むファイル形式は何種類かある上に、GISデータというのは、単純に一般的なファイル1つで構成されている場合はすごく少なくて、だいたい4〜7ファイル群で構成されているものになります。GISソフトウェアにも変換ツールはあるんですが、その変換も複雑で手間でした。経費的にも、ソフトウェアごとにライセンス費用がかかってきます。その点Alteryxでは、必要なファイル形式が一通り読み込むことができたので、すごく便利でした」(大西さん)

住宅地図をもとに構成されるゼンリングループ独自のGISデータ製品『ゼンリンマーケティングコンテンツ』には、建物1棟1棟ごとに「ここは戸建て住宅」「ここはマンションで何部屋入っている」「面積はどれくらい」「このビルに入っているテナントの数」といった情報が含まれています。これらのデータは、日本国内でも住宅地図を作成しているゼンリンしか持っていません。このほか、国が公表する各種オープンデータを地図上で組み合わせて統計解析し、個人情報を一切用いなくても住民のライフスタイルを推定する「Chomonicx」を構築。これらをエリアマーケティング戦略支援データとしてお客様へ販売しています。

日本全国で21万9000程ある町丁・字のデータ、合計20GBに、Chomonicxに収録された38分類の「ライフスタイルコード」を適切に付け合わせるための作業があります。全国約3,900万棟の建物情報とChomonicxの地図を重ね、ライフスタイルコードを付けていきます。この作業だけで、一般的なGISソフトウェアだと3〜4時間かかるところ、Alteryxを利用すれば3〜4分で終了してしまうといいます。

「これまで、長時間かかって出てきたデータがボツになる、ということは数え切れないほどありました。例えば、国勢調査の町丁・字等地図とゼンリンの建物情報を重ねてみると、行政界の解釈の違いから微妙なズレが生じることがあります。例えば国勢調査の町丁・字等地図が一部重なっていたり、陸地であるはずの場所が海になっていて建物がポツンと浮いてしまうことがあります。上記のフロー図も、空間的に重ね合わせるだけなら単純なもので済むのですが、エラー処理をするために後半複雑なことを書いています。Alteryxは非常に早く処理が済むので、エラー対処も早くできるし試行錯誤する時間もできます」(長尾さん)

エラー処理の対象になるのは、全国で4,500棟程度。従来であれば手作業ないしは別ツールを利用して距離計算をしていたが、Alteryxでは全部フロー化して自動でできるようになった。また、本業務も年次で発生するので、手作業であれば同じエラーに対して同じ時間をかけて対処せざるを得ないところ、Alteryxで1度フロー化してあれば何度も使え、更に専門的な作業にも関わらず属人化しないというメリットもあるという。

「業界的に人員流動は激しいので、技術の継承がなかなか出来ないんです。フロー化して、誰が見てもだいたい何をやっているかわかることや、同じ結果が出るのはすごく重要だと思っています。今はまだテストプロジェクトにて利用しているだけですが、今後サービス開発での利用も検討しています」(長尾さん)

今後、日々増え続けていくデータ量をどう処理していくか

ZGIとクラスメソッドは、AWSのサポートで既に契約があったものの、データ処理に関する課題を持っていた大西さま、長尾さまとは、Alteryxをきっかけに初めてご一緒させて頂くことになりました。無料のハンズオンセミナー参加や、テスト導入時の説明等のサポートや、予算上の制限にもご相談にのらせていただきました。

「実際に購入前に実データでいろいろ試させて頂くことができたのは本当に感謝しています。途中で止まったりしてしまった時に、もっとクラスメソッドさんを頼れば良かったのかもしれません。キャンパス上で試行錯誤して、自分たちで色々調べてもみたのですが、結局行き着く先はクラスメソッドさんの技術ブログ『Developers.IO』なんですよね。
ブログの情報にはだいぶ助けられたので、そこも感謝しています」(大西さん)

今後は、自社データとサードパーティデータを組合せることで、顧客の「こういうデータが欲しい」というリクエストに応えて計算してデータをお出しするデータ製品の計算にも、Alteryxを利用していきたいという意向をお持ちとのこと。

また現在、スマホの移動データを扱うプロジェクトを始めたところというお二人。テストデータとして、アプリでテストユーザーの数分おきの行動データを全て取っているそうです。日々数GBのデータが蓄積されるため、数ヶ月分のデータ量ともなると一般的なデータベースだと処理できず、一部データを消しながら進めているといいます。

「今はノートパソコンで利用しているのですが、データ量が増えてきたらパソコンのスペックはもっと必要だろうなという所感です。サーバを使わないでこれだけのことができるから、凄いですけど。データ量が増えてマシンスペックが追いつかなくなったら、クラスメソッドさんに相談して利用方法を模索していきたいと思います」(大西さん)


今、あらゆる側面において生成されるデータ量は日々増え続けています。各種データを扱う会社では、今後ますますデータ処理速度やワークフローが課題となってくるかと思います。クラスメソッドはAlteryxというデータ分析プラットフォームのサポートを通して、ゼンリンマーケティングソリューションズ様の未来を、これからもサポートしていきます。

関連する事例

相談しやすいスペシャリストを
お探しなら
まずはクラスメソッドまで

  • すべてのサービスや企業情報をまとめた一冊

  • 導入前の不明点はなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら。
大小問わず不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 (平日9:30~18:30)
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領