Slackデータアーカイブ基盤

Slack Enterprise Grid内のデータをAWS環境に収集・蓄積しSlack運用を支援します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Slackデータアーカイブ基盤は、Slack Enterprise Grid内のデータをAWS環境に収集・蓄積し、Slack運用を支援するサービスです。

こんな課題はありませんか?

  • Slack上でトラブルが起きた場合に証跡が残っておらず事実確認ができない
  • ハラスメントや不適切な発言を調査したい
  • 情報漏えいの抑止や痕跡を調査したい

このような課題に対しては、Slack内のデータを収集して蓄積し、いつでも取り出せるようにしておくことが必要です。それを実現するのがSlackデータアーカイブ基盤です。

Slackデータアーカイブ基盤3つの特長

  • Slackとの接続が簡単

    Slackとの接続が簡単

    SlackとAPI連携するソフトウェアのためお客様側で開発の必要がありません

  • 削除済みデータも確認できる

    削除済みデータも確認できる

    編集・削除されたメッセージの履歴や削除された添付ファイルの内容も確認できます

  • データ活用

    データ活用

    BIツールやAI・機械学習サービスと連携し、多様なデータ活用ができます

3,000社以上の支援実績のあるクラスメソッドが
貴社のデータ統合・活用に関する課題解決を支援します

Slack上のデータを収集・蓄積

Slack Enterprise GridとSlackデータアーカイブ基盤とをAPI連携し、Slack上のデータをAWS環境に収集・蓄積します。集めたデータは各種セキュリティログ管理ツールやAWS、Google Cloudのデータ分析サービスと連携することで、以下のようなデータ活用ができます。

  • コンプライアンス・ハラスメント対策

    Slack上の膨大なメッセージから関係者の会話を抽出し、インシデントを事後調査

  • 情報漏えい対策

    社外とのやり取りを証跡として記録し、インシデントを抑止

  • 添付ファイルのスキャン

    添付ファイルの中身まで監視対象を広げ、インシデントの抑止や脅威を検知

    • ※ 開発予定の機能
  • Slack上のコミュニケーションを可視化

    ユーザー同士のつながりを可視化し、社内コミュニケーションの活性化やノウハウへ活用

Slackデータアーカイブ基盤サービス構成図

選べる4つのプラン

Slackのユーザー規模に応じて4つのプランからお選びいただけます。

Small Medium Large Enterprise
初期構築費用 240,000円
ユーザー数 1,000人まで 3,000人まで 5,000人まで 5,000人以上
月額料金 Webフォームからお問い合わせください
  • ※ AWS利用料は含まれていません
  • ※ 各プランとも250名、500名単位でユーザー追加が可能です

利用開始までの流れ

STEP1
ヒアリング
初期構築に必要な情報のヒアリングを行います。
STEP2
初期構築
お客様のAWSアカウント上にデータ収集・蓄積するためのシステムを構築します。
  • ※ 新規AWSアカウントへの構築を前提とさせていただきます。
  • ※ 初期構築作業には、SIEM製品の導入、他システムとの連携、保存したデータへのアクセス経路の構築を含みません。
STEP3
データ収集
Slackに蓄積されている過去データをAWS上に収集します。データ容量によって半日から数日程度必要です。
STEP4
ご利用開始
お客様からのQAに対応いたします。
  • ※ セキュリティ上お客様のAWSアカウントにはアクセスいたしません。
  • ※ ご発注からおおむね2週間程度でご利用を開始いただけます
  • ※ Slackに蓄積されているデータ量に応じてご利用開始までの期間が多少前後する場合があります

よくある質問

Slackのフリープラン、プロプランまたはビジネスプラスでも使えますか?
現時点では、SlackのEnterprise Gridのみに対応しています。
Slackから収集するデータの期間を指定できますか?
初期構築時に、過去のある日時以降のデータを収集するよう指定できます。
AWSの月額利用料はどのくらいになりますか?
Slackのチャンネル数、メッセージの投稿頻度、添付ファイルの大きさなど、Slackのご利用状況によって大きく変動するため、一概に申し上げることは困難です。あくまでご参考となりますが、3,000チャンネル、20,000メッセージ/日でAWSの月額利用料は10万円程度と試算しています。
Slackコネクトのユーザが投稿したデータも収集されますか?
貴社SlackのEnterprise Grid OrG(オーガナイゼーション)のチャンネルで、Slackコネクトのユーザが投稿したメッセージや添付ファイルを収集できます。
「Slackデータアーカイブ基盤」を構築するには、クラスメソッドメンバーズへの加入が必要ですか?
「Slackデータアーカイブ基盤」は、弊社AWS総合支援「クラスメソッドメンバーズ」との併用を前提に設計しています。クラスメソッドメンバーズにご加入いただくことで、AWSを安心・安全・最適にご活用いただけるようサポートさせていただきます。

3,000社以上の支援実績のあるクラスメソッドが
貴社のデータ統合・活用に関する課題解決を支援します

お問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。

データ分析をもっとラクにする
環境作りを支援します

  • すべてのサービスや企業情報をまとめた一冊

  • 導入前の不明点はなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら。
大小問わず不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 (平日9:30~18:30)
  • AWSプレミアティアサービスパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • ISO/IEC 27701
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領
  • ベストモチベーションカンパニーアワード2021受賞