テレマティクスサービスのバックエンド分析を支えるAWS基盤構築

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

公開日:2018年2月16日

グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、 安心と安全を提供する保険会社

あいおいニッセイ同和損害保険は、MS&ADインシュアランス グループの中核会社としてすべてのお客様に高品質の商品・サービスを提供し、1人ひとりの信頼を得て発展することをビジョンとして事業を展開しています。

保険関連サービスの高度化を図る取り組みを開始

同社は、日本初のデータサイエンス学部を開設した滋賀大学と提携し、保険関連サービスの高度化に関する調査研究を目的として2017年4月1日に「日本セーフティソサイエティ研究センター(JSSRC)」を学内に設置しました。同センターは開所後から調査研究環境の整備を進め、このたび本格的な取り組みとして、ビッグデータの分析を可能とする共同分析環境をAWS上に構築しました。クラスメソッドはこの分析環境構築の開発を担当しています。

参考:滋賀大学と保険関連サービスの高度化を図るビッグデータ分析の本格的取り組みを開始 

セキュリティ要件に沿ったセキュアな環境を構築

分析環境の構築には、まず金融システムに求められる厳しいセキュリティ要件を満たす必要がありました。そのため、あいおいニッセイ同和損保とクラスメソッドは、設計に関する議論を重ねた結果、AWS上に分析環境を構築するにあたり、以下のような対応を実施いたしました。

・情報漏洩防止のため、ネットワークACLとProxyサーバーを使ってアウトバウンド通信を制限。ProxyサーバーでURLフィルタリングを行うことで、Windows Updateなど必要最低限の通信のみを許可
・セキュリティとガバナンスを高めるため、AWS CloudTrailとAWS Configを利用し、アカウントアクティビティとAWSリソースの設定変更をロギング
・個々のIAMユーザーを作成、IAMロールの利用、最小限の権限のみを付与など、ベストプラクティスに則った権限管理を実施

データ取得や加工においてAlteryxを活用

また、本システムはAlteryxを活用し、Amazon S3からのデータ取得・整形・結合・サンプリング処理、Amazon EMRの制御、Amazon Redshiftへのデータ投入といった作業をGUIからシンプルに行えるようにしています。

本件では研究用の機密情報を慎重に扱うべくAWSの機能を最大限に活用するとともに、容易なデータ分析を可能にするAlteryxを駆使する環境を整備することに努めました。クラスメソッドは今後もお客様の課題を技術で解決し、最適な環境をご用意してまいります。

他の事例やAWS関連サービスの紹介をまとめた冊子もご覧いただけます

関連する事例

相談しやすいスペシャリストを
お探しなら
まずはクラスメソッドまで

  • すべてのサービスや企業情報をまとめた一冊

  • 導入前の不明点はなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら。
大小問わず不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 (平日9:30~18:30)
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領