クラスメソッド > 事例 > AWS > 国内50拠点・海外2拠点を含めたPC700台のセキュリティ対策を実現

国内50拠点・海外2拠点を含めたPC700台のセキュリティ対策を実現

マスプロ電工株式会社様

マスプロ電工について

マスプロ電工は、TV受信機器・TVアンテナ・通信機器の設計・製造・工事・販売を行う日本を代表するテレビアンテナメーカーで、日本国内のテレビアンテナではトップシェアを誇ります。他に、セキュリティカメラ・ペット見守りカメラなど市場ニーズに合わせた製品を提供し、新たな分野も積極的に開拓されています。最近では米JK Imagingとの提携により、Kodakブランドの水平方向に360°撮影できるアクションカメラの国内独占販売権を獲得されました。

この度、インフラのセキュリティ強化とさらなるコンプライアンス強化を推進するために、エムオーテックス社の情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」を導入することになり、インフラの設計と構築をクラスメソッドが担当させて頂きました。

Amazon VPCでセキュリティ確保

インフラ部分には、プライベートなネットワークを確保するために、Amazon VPCを用いています。また、国内外の各拠点との接続にはIP制限やポート制限などのファイアウォールを設定し、セキュリティを向上しています。Amazon EC2を利用することで、利用費にOSのライセンス費用が含まれていること、後から構成を変更しやすいこと、バックアップ・リストアが容易なこと等により、イニシャルコスト・メンテナンス工数を大幅に削減することができました。

AWS構成イメージ図

LanScope Catについて

LanScope Catは、多くの企業が抱えるIT資産管理や情報セキュリティ対策の課題を解決し、企業成長をサポートするセキュリティツールです。1996年の発売以来、時代のニーズに応じて進化しつづけ、その結果多くの企業の信頼を集め、2015年4月時点で8,000社が導入。IT資産/ PC構成管理ソフトウェア部門で10年連続シェアNO.1※1となるほか、統合運用管理ソフトとして数々の賞を受賞しています。

関連する事例

  • AWS

  • AWS

  • MEMBERS

  • MEMBERS

  • MEMBERS

  • MEMBERS

  • MEMBERS

  • MEMBERS

  • MEMBERSBIGDATA

  • MEMBERSBIGDATA