クラスメソッド > 事例 > AWS > 無印良品 muji.comのクラウド対応支援

無印良品 muji.comのクラウド対応支援

株式会社良品計画様

株式会社良品計画

「わけあって、安い」をキャッチフレーズとし、安くて良い品として開発された無印良品。1980年、良品計画の母体である西友の自社開発の経験を基にノーブランドの商品発想でつくられました。商品開発の基本は、生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること。そのために、素材を見直し、生産工程の手間を省き、包装を簡略にしました。この方針が時代の美意識に合い、シンプルで美しい商品が長く愛されてきました。

背景

無印良品は、世界各地に店舗を展開し、様々な地域と言語のWebサイトを運営しており、世界中から多くの訪問があります。この度、安定的かつ高速にコンテンツを配信するため、Webサイトをクラウドへ移行することになりました。移行にあたり、閲覧に影響が無いようにダウンタイムを無くすこと、運用しやすい構成にすること、安価に実現することなどが課題として挙がりました。

クラスメソッドによる導入支援

クラスメソッドは、muji.comのクラウド移行にあたって、アーキテクチャー設計と環境構築、移行支援を担当致しました。世界中の様々な地域からWebサイトへの訪問に対して、安定的かつ高速にコンテンツを配信する基盤として、Amazon CloudFrontを採用しました。

CloudFrontを用いることで、オリジンサーバーのコピーを世界中に配備されているエッジサーバーに配置することができ、訪問者からのアクセスがあった際に、ネットワーク的に近い場所にあるデータセンターからコンテンツを返すため、レスポンスが早くなり、オリジンサーバーへの負荷もありません。また、動的なコンテンツは、URLパターンに応じたリクエストの振り分けによって、キャッシュを使わずに利用者毎に異なるコンテンツを返すことが実現できています。

Webサイトの移行にあたって、DNSの切り替えも行いました。Amazon Route 53は、分散DNSとしてSLA100%のサービスで、今回の移行にあたって採用しました。準備から移行まで約1ヶ月間で完了することができました。

関連する事例