フルスクラッチのECサイトをAWSへ移行。チーム全体のインフラ知識も向上

株式会社TENTIAL

公開日:2024年1月11日
BEFORE
  • トラフィックが加速する中での運用体制の課題
  • コストの検証に関する課題
  • 社内スタッフのAWSに関する知識不足
AFTER
  • セキュリティの高い構成を実現できた
  • コストパフォーマンスについて検証できた
  • 社内スタッフのインフラ知識を向上できた

ウェルネスブランドとして、よく生きるカラダへをコンセプトに、日々の活動をコンディショニングするための身体を充電するツールを開発・販売している株式会社TENTIAL。TENTIAL ONLINE STOREでは、リカバリーウェアBAKUNEや冬用のリカバリーサンダル、新発売したBAKUNEコンフォーターなどがお客様に喜ばれています。

EC・インフラ環境はフルスクラッチで構築していましたが、AWSへのリプレイスに関してクラスメソッドよりご支援させていただいています。

株式会社TENTIAL

フルスクラッチ構成の課題からAWSへの移行を検討

TENTIAL ONLINE STOREでは、発足当初からフルスクラッチでシステム構築をしていましたが、今後の構成やコストパフォーマンスなどの観点から、以下の課題が生じていました。

1. ベストな構成かどうか

ECやインフラ環境は主にCTOやテックリードを中心に構築していました。しかし、今後のトラフィックが加速する状況においては、果たして今の構成がベストであるのか不安を感じていました。

2. コストパフォーマンスが良いか

EC事業のコストパフォーマンスに関して、見直しを図りたいと考えていました。現状よりスリムな構成にしたいと考えていたものの、何から手をつけたらよいのか分からない状況でした。

詳細な情報共有により、正確なサポートが可能に

このような状況の中で、本番環境の構築支援を依頼したのがクラスメソッドです。クラスメソッドを日本国内ではNo.1のAWS支援会社であると認識してくださっており、AWSの導入相談をいただいたのがきっかけです。選定理由として、TENTIALから以下のコメントをいただいています。

「クラスメソッドがSNSで、実績や具体的なTipsに関して積極的に情報発信をしているところはよく見かけており、実際にこれらのコンテンツによって自社の課題が解決することも多かったため、信頼して依頼することができました」

プロジェクトのスケジュールは、まず2023年4月から5月にかけてシステムアーキテクチャヒアリングを実施し、アーキテクチャ改善技術支援やコンテナ環境の構成の最適化、データベースへのよりセキュアなアクセス経路変更などをサポートしました。

また、2023年6月から9月にかけては、アーキテクチャ改善について技術支援をしました。現状のアーキテクチャがベストなものなのか分からなかったとのことで、些細な情報でも共有してもらい、現状の把握に努めました。

「曖昧な質問から具体的な質問まで、すべてステップアップ形式で情報をその都度吸い上げてもらい、少しずつ課題を解決していきました。分かりやすく情報共有することに努めたことで、多くを担当者にサポートしてもらい感謝しています」

疑問点を解消し総合的な見直しができた

今回のプロジェクトを通じて、TENTIAL様では以下の3点の得られがあったと評価いただいています。

1. わからないことがあってもすぐに聞ける環境になった

具体的な技術的課題や、アーキテクチャの全面的な見直しなど、どのように進めたらいいかわからなかった課題に対して、第三者の専門家として意見を聞けたのが非常に役立ったと評価いただきました。

「社内にはSRE(Site Reliability Engineering)やその他のインフラ専門の担当者がおらず、専門的な知識不足が課題でした。その点、クラスメソッドに依頼してからは、疑問点を素直に聞ける環境になり、大変心強いと感じています。」

2. コストやセキュリティの総合的な見直しができた

VPC内のECSクラスター構成や外部DBとのVPCピアリングなど、以前よりもログの追跡がしやすく、高いセキュリティ構成を実現しています。そうした構成によって、事前に抱えていた課題に関してはほぼ解決し、プロジェクト前に感じていた不安は完全に払拭されています。

「以前は把握することすら難しかった細かなエラー事象、例えば504エラーの増加や特定のアベイラビリティーゾーン(AZ)でのエラー発生などを解消できました。また、私たちのチームの構成が業界標準や他社と比較して、アーキテクチャに問題がないか、コスト・パフォーマンス・セキュリティ面で改善点がないかを確認できた点も大きな進歩です。」

3. チーム全体のインフラ知識の向上した

今回の技術支援では、チーム内のエンジニアからも質問をいただいています。これにより、エンジニアチーム全体のインフラに関する知識が向上しており、技術支援を受けるメリットを最大化させられたと評価いただきました。

現場の課題解決能力を高く評価

「クラスメソッドの技術力と、課題解決能力にとても感謝しています。担当者の方たちの技術力は単なる知識ではなく、実際の問題解決に直結していると感じました。今後も、社会的に意義深い課題に取り組み、その解決策を提供していくことを期待しています。」

お客様が増える中で、EC基盤の安定運用は非常に重要です。TENTIAL ONLINE STOREでは、継続してサーバーの安定化や技術基盤の強化に注力していくとのことです。

クラスメソッドはTENTIALのAWSを利用したビジネス拡大を今後も支援していきます。

お客様のご要望にこたえるユースケースや支援方法をご提案します。
まずはクラスメソッドへお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
お問い合わせ
不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 平日9:30〜18:30 お問い合わせ