クラスメソッド > 事例 > AWS > 新規サービスの成長に対応するAWS基盤支援

新規サービスの成長に対応するAWS基盤支援

株式会社虎の穴様

個人出版文化を通じてクリエイターを支援

虎の穴は1994年に創業し、中核事業である「とらのあな」などでのマンガ・個人出版物・アニメグッズなどの通信販売・店舗販売を幅広く行っています。

またユメ(ノ)ソラグループの一員として「クリエイターのファミリーになる!」という理念のもと、クリエイティブな活動がしたい、作品を発表したいと考えるすべてのクリエイターが、ジャンルや国境を超えて、その想いを実現できるように、さまざまな支援事業を展開しています。

サービス拡張を視野に入れたAWS採用

同社は既存事業以外で新規サービスを立ち上げて新たな軸とすることをミッションとした新規事業室を設け、複数のWebサービスを開発・運営しています。

新規事業室ではWebサービスを高速に開発しなければならないため、インフラの管理作業が削減できたり簡単にデプロイを行ったりができるクラウドの利用が最適と判断し、中でも情報が豊富に得られるAWSをインフラの1つとして利用しています。
AWSの利用用途としては、Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon S3といった基本的な機能を組み合わせてWebサービスを構築するという一般的な利用を行っていますが、将来的にその他のサービスを利用して拡張していくことを見据えている点もAWSを利用する理由の1つです。

迅速な技術サポートに魅力

AWSの導入にあたって、各種サービスや転送をディスカウント料金で利用ができること、障害などが起こったときにスペシャリストによる技術的なサポートが受けられることからAWS総合支援「クラスメソッドメンバーズ」が利用されています。

特に、重大な障害が起こったときでも迅速な技術サポートが無料で受けられるという点については、同社が複数のWebサービスを開発および運用する上での安心につながっています。これからもクラスメソッドはスピーディーな支援を心がけ、虎の穴の新サービスの成長を継続してサポートしてまいります。

関連する事例