クラスメソッド > 事例 > AWS > オンプレミス・クラウド間におけるDBの継続レプリケーション

オンプレミス・クラウド間におけるDBの継続レプリケーション

アットホーム株式会社様

アットホーム株式会社について

アットホーム株式会社は不動産情報メディア・不動産業務ソリューション等の事業を通じて、不動産にかかわる皆さまのお役に立つサービスを提供しています。

オンプレミス・クラウド間におけるDBの継続レプリケーション

クラウドの拡張性を得るために、アットホーム様が提供する不動産情報サービス向け画像配信システムのAWS移行プロジェクトがスタート。データベースをオンプレミスのOracle DBからAmazon Auroraに移行することになりましたが、オンプレミスのDBは移行後も継続利用するためにAuroraとのデータ同期が課題になりました。これを解決するために、AWS Database Migration Service(以下、DMS)を評価、採用しました。

クラスメソッドメンバーズのAWSコンサルティング

クラスメソッドのAWS総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」では、お客様に向けてAWSクラウドの活用やアーキテクチャについてのコンサルティングサービスを行っています。当時ベータ版だったDMSの評価をサポート、AWSと連携し開発チームへの迅速なフィードバックで貢献しました。その後DMSは一般利用可能がアナウンスされ、高可用性機能もリリースされました。サービス開始後も安定稼働しております。

導入イメージ図

関連する事例