クラスメソッド > 事例 > ビッグデータ > IoT客層分析ソリューションの開発

IoT客層分析ソリューションの開発

オムロン株式会社様

    ご利用サービス:
  • ビッグデータ
  • オムニチャネル
  • IoTセンサー

オムロン株式会社について

オムロンでは、顔や人から様々な情報をセンシングするOKAO(R)VISION技術の開発を進めてきました。昨今、あらゆる設備や機器にセンサを搭載しインターネットにつながる IoTに注目が集まるなか、ユーザニーズは多極・多様化し、個々に適し合わせてくれる機器への要求が高まっています。

このニーズに応えるべくヒューマンビジョンコンポ」(HVC)シリーズを開発、「オープンイノベーション」を推進し、ユーザー・パートナーとWINWINのモデルを構築し、社会のニーズへの貢献を目指しております。

「HVC」シリーズは、顔検出、顔認識、表情推定、年齢推定、性別推定、顔向き推定、視線推定、目つむり推定、手検出、人体検出等のセンシング機能と、カメラモジュールをコンパクトに一体化したセンサです。「HVC」シリーズは、店舗マーケティング、見守り、セキュリティ等の分野で、ご活用頂けます。

IoT客層分析ソリューションの開発

この度、クラスメソッドは、オムロンの画像センシング技術を活用し、リアルタイムに客層を分析・可視化するIoT客層分析ソリューションを開発しました。
オムロンの画像センサ「HVC」シリーズは、顔検出、人体検出、性別推定、年令推定、表情推定といったセンシング機能により、人の状態を認識すること ができます。センシング結果はリアルタイムでAmazon Web Servicesに収集され、分析・可視化されます。

画像センシング技術、クラウド、モバイル回線を組み合わせることで、大掛かりな初期投資なく、スピーディーに導入可能で、企業のマーケティング活動に寄与します。
IoT客層分析ソリューションは、クラスメソッドが提供する顧客理解を深めるためのセンサーネットワーク基盤「カスタマーストーリーセンサーズ」の1ソリューションとして提供します。
※画像データはセンシング後に破棄され、画像データの保存や、外部システムへの送信は行われません。センサーからはセンシング結果だけが外部システムに送信されます。

渋谷パルコでの導入

パルコ様のビル施設では、各テナントの来場者の属性や混み具合をリアルタイムに把握したいという課題がありました。
そこで客層分析ソリューションを使って、客層の分析・可視化をシステムで自動化する取り組みを渋谷パルコのパルコミュージアムに期間限定で導入し、可視化ツールTableau Desktopと連携することで、来場者や客層について、平日・休日や性別・年齢といった角度からリアルタイムに俯瞰することができました。

構成イメージ図

関連する事例