クラスメソッド > 事例 > ビッグデータ分析 > 資生堂のデータ分析基盤の導入

 

 

資生堂のデータ分析基盤の導入

資生堂について

資生堂は、1872年日本で初めての洋風調剤薬局として東京銀座に創業しました。以来、100年以上にわたり日本の化粧品技術と文化をリードしてきました。美しい生活文化の創造を使命として、化粧品のみならずさまざまな領域において、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界各地で事業を展開しているマルチブランドカンパニーです。

POSデータ分析基盤の導入

この度、クラスメソッドが提供する顧客理解のためのビッグデータ分析基盤「カスタマーストーリー」を導入しました。

資生堂では、スーパーやドラッグストアなどの全ての販売会社から上がってくるPOSデータを分析する仕組みづくりを実現する過程において、増え続けるデータに対して効率よく収集し分析する基盤の構築が必要でした。

カスタマーストーリーは、販売データ(POS)やモバイルログなど、企業に存在する様々なデータを集約し、様々な角度から顧客理解を深める、ビックデータ分析基盤を構築し運用支援するサービスです。特徴として、テンプレートを用いて、データの収集・蓄積・分析の一連の流れを短期間で構築し、すぐに分析を始めることができます。
カスタマーストーリーの導入を決定してから約1か月間でデータ分析を始めることができました。その後、分析対象のレコード件数を数億件規模に拡大し、地域別・ブランド別・店舗別・商品別・日月別といった様々な角度から分析を行っています。

導入イメージ図

クラスメソッドのサービスについて

クラスメソッドは、APN(AWSパートナーネットワーク)の最上位であるプレミアコンサルティングパートナー認定と、APNビックデータコンピテンシーを取得しています。企業に蓄積された様々なデータを効率的に処理し、ビジネスに役立つ形にしてご提供するサービス(アプリケーション開発、インフラ設計・構築・運用)に強みを持っています。クラスメソッドの「カスタマーストーリー」は、ビッグデータ分析に必要な機能や手続きをパッケージしたマネージドサービスです。本サービスを通じて、企業の創造的な活動に貢献し続けます。

関連する事例

  • MEMBERSBIGDATA

  • MEMBERSBIGDATA

  • OMNICHANNEL

  • BIGDATA

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL

  • OMNICHANNEL