クラウド技術を駆使して自社の競争力を高める「モダンデータスタック」

クラウドDWH登場によるデータ分析の変化や、導入するメリットとは?

クラウド技術を駆使して自社の競争力を高める「モダンデータスタック」

最新のクラウドサービスを組み合わせることで処理を簡素化し、柔軟に対応できるように進化したデータ基盤が「モダンデータスタック」です。

本資料では、オンプレミスのデータ基盤、クラウドDWHの登場と新たな課題、クラウド技術を駆使したモダンデータスタックについて、データ基盤の歴史をなぞりながら解説します。

モダンデータスタックはわずか数時間でスケーラブルな分析環境を構築でき、保守にかかる社内リソース削減も期待できるため、本来あるべきビジネスユーザーのデータ活用に時間をかけられるようになります。

もくじ

・従来のデータ基盤
・クラウドDWHがもたらした新たな分析の流れ
・クラウドDWHの浸透で見えた次の課題
・クラスメソッドが提案するモダンデータスタック

こんな方におすすめです

・データ分析の効率化を図りたい方
・クラウドDWHを活用する上でのポイントを知りたい方
・Fivetran、Snowflake、Lookerそれぞれの特長を知りたい方

以下のフォームに必要事項をご入力ください

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領
  • ベストモチベーションカンパニーアワード2021受賞