クラスメソッド > 事例 > AWS > マキシム ECサイト「神戸レタス」のAWS移行

マキシム ECサイト「神戸レタス」のAWS移行

株式会社マキシム様

マキシムについて

株式会社マキシムは、雑誌掲載商品や有名ショップの人気アイテムを中心にした女性向けアパレル商材を販売しており、10代~30代と幅広い女性の支持を得ています。ECサイト「神戸レタス」を中心に、リアルショップの展開やアパレル企画卸事業を展開しています。

神戸レタスのAWS移行

この度、マキシムでは、Eコマース事業にて展開しているECサイト「神戸レタス」をAmazon Web Servicesに移行し、耐障害性及び可用性の高いシステムを構築しました。初期投資が不要で柔軟にスケール可能なAmazon Web Servicesは、ECサイトというトラフィックの変動が大きいサービスの最適解です。 AWS環境の構築にあたり、WebサイトをAmazon Route 53、Elastic Load Balancing、Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon ElastiCacheによって構成しました。 ECサイトという特性上コンテンツ更新が多いため、コンテンツのアップロード、同期、キャッシュの自動消去をAWS Lambdaによって実現しました。Webサイトのフロントにクラウド型WAFとしてImperva Incapsulaを導入し、Webセキュリティを確保しました。 静的コンテンツの配信にはAmazon CloudFrontとAmazon S3、管理操作の監査にAWS CloudTrail、リソース監視にAWS CloudWatchを利用しました。さらにAWS環境と各オンプレミス環境はSophos UTMとSopohos REDを用いたVPNによって接続し、セキュリティを確保し、従来の環境で用いていたIPsecでのVPNにくらべ容易かつ迅速に店舗への導入ができる構成となりました。 クラスメソッドではインフラ設計と構築を担当しました。またシステムリリース後は、24時間365日有人監視サービスであるフート24と、運用支援サービスをご利用頂くことで、継続的に支援しております。

導入イメージ図

関連する事例