コンテナセキュリティの統合型プラットフォーム「Sysdig」

クラウド、コンテナ、マイクロサービスに適した統合型セキュリティを実現

Sysdig は、Docker や Kubernetes と統合されたクラウド、コンテナ、マイクロサービスに適したセキュリティ統合プラットフォームです。

Sysdigを利用することで、クラウドの脅威検知やブロックによるコンテナワークロードの保護を実現できます。

こんな方におすすめ

  • ECS、EKS、Fargate上で動かすコンテナアプリケーションの脆弱性管理/脅威検出を総合的に管理したい
  • AWS アカウント全体の設定不備や脅威検出を迅速かつノイズレスに管理したい

コンテナおよびKubernetes向けのセキュリティプラットフォーム

Sysdig Secureプラットフォームは、ビルドの保護、ランタイム脅威の検知と対応、クラウドの設定、権限、コンプイアンスの継続的な管理を可能にします。

SysdigによるコンテナおよびKubernetes向けセキュリティプラットフォーム

Sysdigの特徴

高精度なランタイム脅威検知

マネージドポリシーと機械学習(ML)を通じてランタイムにおける脅威を検知するとともに、コンテナの実行中においてもコンテナ環境をアクティブに保護できます。

クラウド、コンテナ、マイクロサービスの保護

CI/CD パイプラインのレジストリスキャンを自動化することで、コンテナ環境でのリスク低減を実現。Kubernetesにおいても、リスクの高いイメージのブロックや設定情報の自動修正などを行います。

同一のダッシュボードでリスクの可視化

CSPM(*)ツールを利用することで、コンテナ、クラウドなどにまたがる設定ミスや不審なアクティビティを、シングルビューで確認でき、脆弱性の早期発見に役立てられます。

*Cloud Security Posture Managemen

開発段階のセキュリティ対策実現

開発段階において、直接プルリクエストをオープンするガイド付き修正ワークフローを実行することで、開発工程におけるセキュリティ課題に対する時間短縮を実現します。

お問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。

お問い合わせ
不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 平日9:30〜18:30 お問い合わせ