クラスメソッド > ユースケース > AWS環境移行(マイグレーション)

オンプレミスからAWS環境へマイグレーション

AWS環境への移行(マイグレーション)

自社サーバやデータセンターのオンプレミス環境をAWSクラウドに移行(マイグレーション)するための情報をまとめました。クラスメソッドでは、コストや運用効率に優れたAWS環境へのマイグレーションを様々な形でご支援します。

クラウド移行に必要な事前検討ポイント

AWSへのマイグレーションは、運用中のデータをそのまま移設するだけの簡易的な方法から、AWSのマネージドサービスやSaaSへの置き換えまで、用途に合わせてその方法を検討する必要があります。

移行目的

コスト改善や負荷対策など、移行前にまず目的を整理しましょう。例えば運用負担の削減ならAWSによる自動化を取り入れるなど、方向性を定めることができます。

移行する対象

移行対象をどこまでにするか、関連システム間とどう通信させるかといった改修範囲を明確にしましょう。移行コストの試算やスケジュールを具体化できます。

移行方法

ソフトウェアを載せ替えるだけか、OS更新やアプリ改修を行うかなど、各タスクを事前確認することで、作業範囲や改修内容をより明確にできます。

“やらない”こと

AWSによる優れた設計を行う場合はアプリケーションの改修が必要な場合が多いため、何をしないのか、どう代替するかを決めることで円滑に進められます。

クラスメソッドはAWS移行を企画から運用までトータルサポートします

参考:コンサルティング100-200時間(規模、作業範囲による)
構築:台数により別途お見積

クラスメソッドのAWSマイグレーションの特長

導入から運用設計まで

導入から運用設計まで

既存のオンプレミス環境のインフラに対し、クラスメソッドのスタッフが簡易的にマイグレーション診断を実施。また実装後の運用面においても安心してAWSをお使いいただけるようサポートします。

移行コンピテンシー認定

移行コンピテンシー認定

クラスメソッドは、企業のITシステム移行に関する支援を行う能力および豊富な実績のある企業として、AWSより「AWS移行コンピテンシー」として認定いただいております。

AWS移行の勘所をまとめた無料ガイドをお配りしています

テクニカルライブラリー

社内でクラウド移行を実施したい企業様は、クラスメソッドが制作した「テクニカルライブラリー AWS移行編」をぜひご参考ください。
本書はAWSへの移行判断とプロジェクト推進を明確化させるマネジメントサイド、実作業で気をつけるべきポイントをまとめたエンジニアサイドの二部構成です。AWSクラウドのメリットを最大限に活かした安定的な移行を行いたい方はぜひダウンロードください。

資料ダウンロードを申し込む

お問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。