クラウドセキュリティを手軽に適正化「Dome9」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Dome9」はクラウド環境のセキュリティ設定を“見える化”し、人為的設定ミスの回避、コンプライアンス遵守を支援するセキュリティサービスです。AWSにおいてはIAM Roleを管理対象のアカウントに作成して連携させることで簡単かつ精緻なセキュリティチェックの実施やネットワークの可視化、アカウント権限の制御ができます。

Dome9画面イメージ

Dome9の特徴

  • 簡単導入

    IAM Roleの権限委譲など、お使いのクラウドとアカウント連携で設定完了。複数AWSアカウントもまとめて管理できます。

  • ネットワークを“見える化”

    ネットワークの依存関係や開放度合い、セキュリティ項目をビジュアリゼーション、リスト化します。

  • 管理・設定をDome9で

    セキュリティグループの集約管理に加え、強いアカウント権限を付与できるIAM Safety機能も。

こんなケースでご利用いただけます

  • BtoC向けサービス

    BtoC向けサービス

    カード情報などの顧客データを扱う基盤をDome9で統制。保全状態の確認や万一の場合もアクセス制御、権限管理も

  • S3上で機密データ保持

    開発・運用体制が複雑化

    社内・協力会社の権限管理や環境ごとにAWSアカウントがわかれている場合でもDome9上で一括設定・管理

  • 監査法人

    監査法人

    PCI DSS、NIST SP 800-53、CISといった数々の監査項目を確認し、顧客の対策状況を入念かつスムーズに確認

クラスメソッドがセキュリティ対策も支援

Dome9のチェック結果によってセキュリティ上の課題が出たら、クラスメソッドにご相談を。「クラスメソッドメンバーズ」プレミアムサービスではAWSセキュリティ専任エンジニアがお客様のクラウド環境を保全するためのコンサルティングを行います。

支援フロー

Dome9活用事例

クラウド環境のセキュリティ対策状況をチェックして万全を目指す

森永乳業が自社サイトのシステムをAWS移行する際に重要視したのはセキュリティです。同社はAWSのサービスやセキュリティ製品を組み合わせて堅牢性に富むシステムを構築し、さらなる一手としてDome9によるコンプライアンスチェックを導入しました。NIST CSFやPCI DSSなどに準拠したルールセットを用いてAWSやGCP上に構築したシステムに対するセキュリティアセスメントを一括で実施可能に。「リージョンごとのログ取得やMFA設定など、チェック結果で顕在化した課題に対策できるよう運用体制を強化しました。将来的にガバナンスを強化したり監視対象を拡大しても対応できる体制になるでしょう」(IT改革推進部 クラウド推進チームリーダー 石井俊光様)

お問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。

相談しやすいスペシャリストを
お探しなら
まずはクラスメソッドまで

  • すべてのサービスや企業情報をまとめた一冊

  • 導入前の不明点はなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら。
大小問わず不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 (平日9:30~18:30)

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領