MAD(モダンアプリケーション開発)

サーバーレス、コンテナに特化したモダンアプリケーション開発のワンストップ支援サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスメソッドMAD(Modern Application Development)

ビジネス成長に貢献し最大限のアジリティをもってアプリケーションを開発し運用していくための手段として、クラウドやサーバーレス/コンテナ基盤を採用することは、組織に多大なメリットをもたらします。しかし、その実現は簡単ではありません。

  • サーバーレスやコンテナの特性を活かしたアプリケーション開発手法がわからない
  • クラウドにある多様なサービスのうち、何が自分たちに最適なのか判断するのが難しい
  • 新しい開発手法やインフラ構成を採用しても、そのテストやデプロイを効率よく行う方法がわからない

クラスメソッドMAD(Modern Application Development)では、パブリッククラウドの各種サービスや最新のアプリケーション開発手法に精通したプロフェッショナル集団が、ビジネス特性、アプリケーション特性、エンジニア組織に最適化されたモダンアプリケーション開発をワンストップで支援します。

支援領域

クラスメソッドMADでは、サーバーレス、およびコンテナ領域を中心に、主に以下の技術領域を対象としたサービスを提供いたします。

フロントエンド:React、Vue、Angular サーバーサイド:AWS、Google Cloud
  • AWSサービス:Amazon DynamoDB、Amazon API Gateway、AWS IoT、AWS Step Functions、AWS Amplify、AWS AppSync、AWS Glue、Amazon Kinesis、Amazon Athena
  • Google Cloudサービス:Cloud Firestore、Cloud SQL、Cloud Pub/Sub
  • Infrastructure as Code:AWS CDK、AWS CloudFormation、AWS SAM、Serverless Framework、Terraform
  • CI/CD:Codeシリーズ、CircleCI、GitHub Actions

サービス内容

クラスメソッドMADでは、顧客のニーズや予算、組織体制に合わせて、モダンアプリケーション開発の領域において、様々な支援が可能です。

技術支援
顧客組織のエンジニアに対して、MAD領域テクノロジー活用のためのスキルトランスファーを実施します。弊社担当エンジニアが、MAD領域における実開発のノウハウ(IDEの設定、利用ライブラリの推奨、テストの自動化、開発フローの定義、自動デプロイ、AWS/Google Cloudインフラのコード化、データベース設計など)を、サンプルアプリケーションの作成を通じてお伝えいたします。多数の顧客に技術支援したMADチームのノウハウを踏まえた上で、御社組織やビジネスに最適化されたアプリケーション開発体制の構築を支援いたします。※顧客アプリケーションそのものの実装は基本的に対象外となります。
実支援例1
講義形式:担当エンジニア1名による週2時間の講義と、非同期のQA対応(期間:3ヶ月)
実支援例2
コンサルティング:担当エンジニア1〜2名による開発〜運用中のアプリケーションに対するBacklogをベースとしたQA対応(期間:1〜3ヶ月)
POC
MAD領域を利用したアプリケーションのPOCを実施します。ビジネス要件、運用要件、性能要件を満たすための最適なアーキテクチャの選定を目的に、実際に動作するアプリケーションを構築しながら、その適合性を検証します。
実支援例
担当エンジニア1〜2名によるアーキテクチャ定義〜実装〜検証(期間:2週間〜2ヶ月)
アプリケーション構築
御社のビジネス課題を解決するアプリケーションを、MAD領域のテクノロジーを活用して構築します。要件定義、MVPの実装〜検証、構築、検証テスト、デプロイまで含めて一貫して対応します。
実支援例
担当エンジニア1〜5名(期間:3ヶ月〜1年)

事例

実績豊富なエンジニアがクラスメソッドMADを提供します

  • 濱田孝治

    2020 APN AWS Ambassador 2019 APN AWS Top Engineers JAWS-UG コンテナ支部 運営

    得意領域:コンテナ全般(ECS、EKS、Fargate)

    登壇実績:
    Developers Summit 2020 登壇「雲の中心で愛を叫ぶ!クラウド横断パネルディスカッション」
    DevelopersIO 2020 Connect 登壇「あなたの組織に最適なコンテナデプロイ方法とは?」
    CloudNative Days Tokyo 2020 登壇「クラウドネイティブ時代に最適化されたエンジニアリング組織の追求」
    JAWS DAYS 2021 re:Connect 登壇「CI/CDプロセスにCloudFormationを本気導入するために考えるべきこと」
    執筆書籍:
    みんなのAWS 〜AWSの基本を最新アーキテクチャでまるごと理解!:技術評論社
  • 加藤諒

    得意領域:AWS CDK、CI/CD

    登壇実績:
    July Tech Festa 2021 Winter | AWS CDKでInfrastructure as Code 〜 インフラの構築・改善をもっと早く!
    DevelopersIO 2019 Tokyo「AWS CDKの基本と実例」
    執筆書籍:
    みんなのAWS 〜AWSの基本を最新アーキテクチャでまるごと理解!:技術評論社
    Software Design 2019年6〜9月号 特別企画 クラウドへのルータ接続実践ノウハウ:技術評論社
  • 新井成一

    2021 APN AWS Top Engineers

    得意領域:バックエンドアプリケーションの開発

    登壇実績:
    DevelopersIO 2020 Connect 登壇「AWS Glueを使った Serverless ETL の実装パターン」
    DevelopersIO 2019 Tokyo 「イマドキ!ユースケース別に見るAWS IoTへの接続パターン」
    執筆書籍:
    「サーバーレスでめざせ!インフラ管理ゼロなシステム」 Software Design 2019年12月号
  • 岩田智哉

    Japan APN Ambassador 2020、2021 APN ALL AWS Certifications Engineers

    得意領域:AWS Lambda

    登壇実績:
    Developers.IO 2018 「今からでも遅くない 基礎から学ぶサーバーレス開発 -キホンの『キ』-」
    Serverless Meetup Osaka #5 「VPCLambda × RDSのデメリットを正しく理解しよう!」
    Developers.IO 2019 FUKUOKA 「劇的改善??VPC Lambda Before&After」
    Tiny Spec Osaka: Slack developers Osaka kickoff 「AWSのサービスを活用してSlackのやりとりを分析してみよう」
    執筆書籍:
    「サーバーレスでめざせ!インフラ管理ゼロなシステム」 Software Design 2019年12月号
  • 西田将幸

    得意領域:バックエンドアプリケーションの開発

    登壇実績:
    Scrum Fest Osaka 2021 「スクラムチームが挑む!未熟プロダクト育成とビジネス成功への道」
    DevelopersIO 2020 Connect「​​今日から始めるAmplify DataStore」
    Developers.IO 2019 in OSAKA「基礎から学ぶAWS上でのインターネット双方向通信とその比較」
    Developers.IO 2017 「開発環境でのDocker活用事例と本番運用に向けて考えたこと」
  • 谷山優依

    2021 APN Ambassadors、2021 APN ALL AWS Certifications Engineers

    得意領域:バックエンドアプリケーションの開発

    登壇実績:
    Developers.IO 2020 Connect 「今日からはじめるAWS」
    AKIBA.AWS Online #01 「AWS認定資格制覇への道」
  • 門別優多

    2019 APN AWS Top Engineers、2021 APN ALL AWS Certifications Engineers

    得意領域:インフラとアプリの中間とAWS全般

    登壇実績:
    JAWS FESTA 2019 SAPPORO 「○○をAWSで作るにはどうすればいい? ~ 構築例とアーキテクチャ図を添えて」
    Developers.IO 2020 Connect 「AmplifyとAppSyncでモダンでイケてるWebサービスを爆速で立ち上げようぜ」
    Developers.IO 2020 Connect 「AWS環境でIaCを使い始めて運用するためのメリットデメリットと注意点」
    AKIBA.AWS Online #03 「IaCで全てが上手くいくと思うなよ!失敗事例のご紹介」
    執筆書籍:
    「設計に役立つAWSシステム構成図の読み方〜AZ,VPCなどの概念と主要なサービスを再整理」 Software Design 2020年12月号

MADサービス関連AWS公式認定

クラスメソッドは、MADサービスに関連する以下の認定を取得済みです。

  • AWSコンピテンシー
    • DevOpsコンピテンシー
    • モバイルコンピテンシー
  • AWSサービスデリバリープログラム(SDP)
    • Amazon API Gateway
    • Amazon DynamoDB
    • Amazon Kinesis
    • AWS Lambda
    • AWS IoT Core
AWSプレミアコンサルティングパートナー

お問い合わせ

下にフォームが表示されない場合は、お手数ですが info@classmethod.jp まで直接ご連絡ください。

相談しやすいスペシャリストを
お探しなら
まずはクラスメソッドまで

  • すべてのサービスや企業情報をまとめた一冊

  • 導入前の不明点はなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら。
大小問わず不明点はなんでもご相談ください
0120-991-668 (平日9:30~18:30)

  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • AWSプレミアコンサルティングパートナー
  • 「APN Certification Distinction」の認定を取得
  • LINE Biz Partner Program 認定バッジ「OMO」
  • alteryx PARTNER OF THE YEAR 2018
  • プライバシーマーク認証マーク
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 20000-1
  • pcidss
  • AICPA SOC2 Type1 レポート受領
  • ベストモチベーションカンパニーアワード2021受賞